MCがライブビューイング会場を盛り上げる

臨場感あるライブビューイングを複数箇所に同時配信、NTTぷららとパナソニックがトライアル実施

編集部:押野 由宇
2018年10月18日
NTTぷららは、パナソニックシステムソリューションズジャパンと共同で、観客席空間映像と中継映像を組み合わせた、生中継による高臨場多拠点同時ライブビューイングのトライアルを実施する。

本取組みは、会場までの距離や会場のキャパシティの問題でスポーツや音楽ライブなどの現地に足を運ぶことができない場合でも、カラオケやバーなどの会場に集まって高臨場ライブビューイングを楽しめる環境を提供するものとなる。

ライブビューイングのイメージ

今回実施されるトライアルでは、実際に行われているスポーツ試合を、カラオケ店など2箇所のライブビューイング会場に中継。 “スタジアムの臨場感” と “ライブビューイングの見やすさ/楽しみ” といった、普段同時には味わえない利点を一度に体験できる演出の実現を目指し、さまざまな検証を行うとしている。

ライブビューイングの会場には、試合中継映像に加えて、パナソニックのデジタルカメラで撮影した観客席の空間映像を投影することで、スタジアムにいるかのような雰囲気を体感できる演出を実施。また、試合状況に応じて、各選手の情報やボール保持率、シュート数といった試合情報をリアルタイムに表示することで、データの面からも深くスポーツを楽しめる演出を行うとする。

加えて、MCがライブビューイング会場の様子をリモートで確認しながら呼びかけを交えた実況・解説を実施。各会場とMCの間で、一体感が持てるような演出で会場を盛り上げるという。また観戦者は試合結果予想し、スマートフォンから投稿することプレゼントを獲得できるミニゲームに参加できる。

本トライアルは、ライブビューイング用の素材をNTTぷららのメディアセンターに集約し、演出を加え、光回線網を通じて各会場へ同時配信する。メディアセンターで情報集約および映像制作・演出を一括して行うことで、「今後、より多くの会場での実施や会場に応じた複数種類の演出も効率的かつ柔軟に実現できる」と説明されている。

トライアルは10月20日(土)、「2019 明治安田生命J1リーグ 第30節 ガンバ大阪 VS 横浜F・マリノス(15:00キックオフ)」を対象に行われる。会場はビッグエコー渋谷店、VREX渋谷宮益坂店の2箇所。なお参加者は一般応募から当選したサポーター40名で、応募はすでに締め切られている。

関連記事