人気の楽曲認識アプリ

アップルが「Shazam」買収を完了、アプリでの広告表示を停止

編集部:風間雄介
2018年09月25日
米アップルは、音楽認識アプリで有名なShazamの買収を完了したと発表した。

Shazamは全世界で数億人が使っているアプリで、流れている音楽をマイクで聴き取り、データベースと照合することで楽曲名を表示する。


アップルのApple Music部門バイスプレジデントであるOliver Schusser氏は、「アップルとShazamは、ともに過ごしてきた長い歴史がある。ShazamはアップルがApp Storeをローンチしたときに提供されたいくつかのアプリの一つで、すぐに音楽ファンのお気に入りアプリとなった」とコメント。「我々のチームが一つになり、音楽を発見し、体験し、楽しむ方法をユーザーに提供できるのは喜ばしい」とも述べている。

Shazamは今回の買収に伴って、今後、アプリでの広告表示を停止。すべてのユーザーが無料で使えるようにするという。

関連記事