ワイドFMにも対応

東芝、暗がりで便利なLEDライト搭載AM/FMラジオ。放送局名の漢字表示にも対応

編集部:平山洸太
2018年09月19日
東芝エルイートレーディング(株)は、 LEDライトを搭載したAM/FMラジオ「TY-SPR6」を9月下旬から発売する。価格はオープンだが、8,000円前後での実売が想定される、

「TY-SPR6」

本機には、放送局名を漢字で表示できるバックライト付きの大型液晶画面を搭載。 50代以上の比率が高いラジオリスナーに使いやすい仕様になっているという。

選局は、居住地域の設定を行うことにより自動で登録できるほか、「お好み選局ボタン」を搭載、FM・AM各4局を登録することができる。また、AM放送の難聴取エリアでもFM放送でAMラジオが聴けるワイドFMにも対応する。

さらに、今回新たに本体背面に白色LEDライトを搭載。暗がりで手元を照らす時や非常時の備えとして役立つとしている。

背面にはLEDライトが搭載されている

使用イメージ

大容量バーアンテナ&マルチレイヤー基板を採用し高感度の設計を図ったほか、スピーカーにはφ3cmで最大出力80mW、インピーダンス8Ωのものを搭載した。また3.5mmのステレオミニジャックも備える。

そのほかの機能として、自動補正機能付きのデジタルクロック、目覚まし・アラーム・スリープ機能を搭載するほか、音量調節リモコン付きのステレオイヤホンが付属する。

音量調節リモコン付きのステレオイヤホン

外形寸法は、56W×95H×13Dmm(突起部含まず)、質量は約62g(乾電池含まず)。電源は単4乾電池2本のDC3Vで、電池持続時間は、AM50時間・FM40時間(イヤホン使用時)/AM40時間・FM30時間(スピーカー使用時)/40時間(ライト点灯時間)。

関連記事