フィボナッチグリルなど搭載

ソニー、ヘッドホン「MDR-Z7M2」国内発売、75,000円前後。フラグシップの技術で音質強化

編集部:成藤正宣
2018年09月05日
ソニーは、ハイレゾ対応大型ヘッドホンの新モデル「MDR-Z7M2」を、10月6日より発売する。価格はオープンだが、市場での実売価格は75,000円前後を想定する。

MDR-Z7M2

中国「香港ハイエンドAVショウ」(関連ニュース)や、ドイツ・ベルリンで開催された国際家電展示会「IFA2018」で出展された製品が、国内でも正式に発表されたかたち(関連ニュース)。

従来モデル「MDR-Z7」に、同社フラグシップヘッドホン「MDR-Z1R」の技術を導入することで音質を向上させたモデル。空気の伝播を阻害せず、音への色付けを防ぐという幾何学形状のグリル「フィボナッチパターングリル」はZ1Rで採用されたものと同等の技術。ドライバーに使用するネオジウムマグネットもZ1Rと同等で、Z7との比較では体積がおよそ2倍まで大型化している。

フィボナッチパターングリルを採用するなどで従来モデル(左)より高音質化を図った

70mmドライバーに搭載している振動板は、従来のZ7と同じくLCP(液晶ポリマー)にアルミニウム薄膜をコーティングしているが、ドーム形状を大型化。中低域のクリアさ、中高域の艶やかさを向上させたとする。また空気の流れを調整することで低域をコントロールする「ビートレスポンスコントロール」を改良し、リズム再現の正確さを増したとしている。

空気の流れをコントロールする「ビートレスポンスコントロール」も改良

デザイン・装着性の面では、ケーブルがハウジングに沿って垂れるようケーブル脱着部のデザインを変更。ケーブルジャックの素材として、耐久力に優れたコルソン合金を新たに採用している。なお、ケーブルは3mの3.5mmステレオミニプラグケーブルに加え、1.2mの4.4mmバランスプラグケーブルも同梱する。

その他、イヤーパッドが内側に倒れ込む「エンフォールディングストラクチャー」、ハウジングの回転軸を内側に向ける「インワードアクシスストラクチャー」、可動部のガタつきを抑えた「サイレントジョイント」、頭の凹凸に合わせて造形された「エルゴノミック立体縫製イヤーパッド」といった構造を引き続き採用し、装着性を高めている。

再生周波数帯域は4Hz - 100kHz、インピーダンスは56Ω。質量は約340g。

関連記事