装着感や見栄えも改良

<IFA>ソニー、NCワイヤレスヘッドホン新モデル「WH-1000XM3」。新チップ「QN1」で性能向上

編集部:成藤正宣
2018年08月30日
ソニーは、ドイツ・ベルリンの国際コンシューマーエレクトロニクス展示会「IFA 2018」開幕に先立ちプレスカンファレンスを実施。ノイズキャンセリングヘッドホンの最新モデル「WH-1000XM3」を公開した。欧州における想定価格は380ユーロ前後。発売は9月以降を予定する。日本で展開するかは未定。

ソニー「WH-1000XM3」

従来モデル「WH-1000XM2」から内部構造を改良。ノイズキャンセルプロセッサー、DAC、アンプをすべて統合した新チップ「QN1」を搭載した。これにより、周囲の騒音を打ち消す逆相信号の生成精度が従来の約4倍となり、人の声など中高域ノイズの抑制性能が向上した。逆相信号は音声とともに32bitで処理されることで、従来よりS/N、歪率が改善されたという。

2カラーが発表されている

アップコンバート機能「DSEE HX」、高音質BluetoothコーデックLDACの採用により、ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質を実現しているとし、連続再生時間はノイズキャンセリング使用時でも最長約30時間を実現した。

人気モデルとして、カンファレンスでも大きく取り上げられた

ハウジングはWH-1000M2から約20g軽量化され、イヤーパッドの形状や素材を変更することで装着感を向上させた。なお、充電端子のはUSB Type-Cを採用している。

下部にはボタンとUSB Type-C端子を備える

またペアリングの補助やノイズキャンセルの強度を調節するスマートフォンアプリ「Headphones Connect」も用意される。

関連記事