Alexaやandroidもアピール

<IFA>スマートスピーカーが着脱できるレコードプレーヤーなど「IFA NEXT」に個性的な製品が集結

編集部:小野佳希
2018年09月02日
ドイツ・ベルリンで開催されている世界最大級の国際家電見本市、IFA 2018。スタートアップ系のブランドなどが世界中から集まり、熱気に包まれているのが「IFA NEXT」ゾーンだ。

会場中央にはプレゼンテーションステージが設けられている

昨年からスタートし、今年で2回目を迎えたIFA NEXT。初回(関連ニュース)の成功を受けてか、今年も非常にユニークな展示がそこかしこで展開されている。

オーディオビジュアル関連ではコルグの出展を別項で紹介しているが(関連ニュース)、ワイヤレススピーカー一体型アナログレコードプレーヤー「Seed」を展開する中国「HYM」ブランドの新製品「Duo」もユニークだ。

HYM「Seed」。Bluetooth/Wi-Fi内蔵スピーカーとレコードプレーヤーを一体化。USBメモリーからの音楽再生も可能なほか、専用アプリをインストールしたスマホで操作できる

「Duo」は、Amazon Alexa対応スピーカーとレコードプレーヤーを一体化。スピーカー部は着脱可能で、スマートフォンなどと連携させてBluetoothスピーカーとしても利用できる。

Duo

また、IFA NEXTの会場ではAmazonが各社のAlexa搭載スマートスピーカーを集めて紹介していたり、Googleも「android things」と称してAndroidの魅力をアピールするコーナーを展開。そのほか、ローラースケートのように両足で乗るセグウェイの体験試乗もあるなど、実に幅広い分野で“次に来る”製品やアイディアが熱量高くアピールを繰り広げていた。

各社のAmazon Alexa搭載製品を紹介


androidがイノベーションにつながることをアピール


両足セグウェイの体験スペース。ポドルスキー効果かドイツの少年がJリーグ・ヴィッセル神戸のユニフォームを着ていた

関連記事