自動車OEM・開発者に向けに提供開始

Amazon、Alexaを車載機器に搭載しやすくする「Alexa Auto SDK」

編集部:小野佳希
2018年08月22日
アマゾンジャパンは、自動車のインフォテインメントシステムにAmazon Alexaを搭載することができる「Alexa Auto SDK」を自動車OEM・開発者に向けに提供を開始した。


SDKを通じ、家の中で行っているものと同様のAlexa体験を車の中でも実現できるようになるとアマゾンは説明。車内での利用を最適化できるよう、オートモーティオブ向けの機能も追加している。

SDKには、音声データ処理やクラウド側で提供しているAlexaサービスとの接続など、車からAlexaクラウドサービスを利用するために必要となるソースコードと関数ライブラリー(C++, Java)を含んでいる。サンプルアプリケーション、ビルドスクリプト、シーケンス図、ドキュメントもSDKに含んでおり、オペレーティングシステムはAndroidとQNXの両方及びプロセッサアーキテクチャはARMとx86をサポートしている。

Alexaの主要な機能である音声認識と音声合成をはじめ、Amazon Musicを始めとしたメディアストリーミングの利用や、スマートホームデバイスの制御、Kindle本の読み上げ、通知機能、天気情報、近所のお店やコンビニエンスストアの情報、映画の上映時間の検索、そして1,000以上の日本に向けたスキル(2018年7月時点)を利用するのに必要な機能が含まれているという。

さらに、車載インフォテインメントシステムに搭載されたAlexaを通じて電話をかけたり、他のAlexa搭載デバイスやAndroid/iOSを搭載したスマートフォンなどの端末上のAlexaアプリと、ビデオ・音声通話、メッセージの送信や、呼びかけなどができる、コミュニケーション機能も今後提供を予定しているという。また、本SDKの利用により、Alexaの音声サービスを介してナビゲーションに設定する目的地の住所や特定のポイントの指定や、案内中のナビゲーションをキャンセルする機能も提供予定だとしている。

関連リンク

関連記事