常識を超える巨大なプレーヤー

重さ2.5kg、ソニー「DMP-Z1」は“運べる” 超弩級DAP。開発者に聞いた妥協なき音づくり

オーディオ編集部:筑井真奈
2018年08月11日
香港オーディオショウのソニーブースでは、香港時間の8月10日18時より、「DMP-Z1」の開発者による英語でのプレゼンテーションが行われた。

DMP-Z1は、香港で先行発売された「キャリアブル」な新しいデジタルミュージックプレーヤー(関連ニュース)。ウォークマンと同様のタッチディスプレイを上部に装備しており、サイズは約138W×68.1H×278.7Dmm、重さは約2.5kgと据置型並みのサイズと質量を誇る。価格は61,880香港ドル(日本円で約88万円)。

ソニー「DMP-Z1」

新しいコンセプトのデジタルミュージックプレーヤー

本製品の開発に携わったのは、ソニーでこれまでのハイレゾウォークマンシリーズを手掛けてきた佐藤朝明氏。既存のウォークマンの延長線上にありながらも、「音質に妥協しない」というコンセプトでこのモデルの開発をスタートさせたという。

佐藤朝明氏

これまでのウォークマンの延長線上にあるものとして開発したという

NW-WM1Zなどで培ったS Master HXというデジタル処理技術を生かしつつ、フルデジタルアンプではなく、アナログアンプを新たに搭載。こういった「妥協のない音作り」を追求していった結果、発表されたような、常識を超える巨大なプレーヤーに結実したという。

DMP-Z1とiPhone 7とのサイズ比較

これまでのウォークマンとの違い

DMP-Z1のキーワードは、「ポータブル」ではなく「キャリアブル」。バッテリーも搭載しており、4時間でフル充電可能、再生は9〜10時間程度可能だという。持ち運び用のケースも用意されている。

「ポータブル」ではなく「キャリアブル」なサイズ

これが専用キャリングケース

音質設計を担当したのは、同じくウォークマンの過去のシリーズも担当してきた佐藤浩朗氏。今回のサウンドクオリティのポイントとして、「ハイパフォーマンスなアナログアンプシステム」「デジタル・アナログの電源分離」「H型の強固なシャーシ」の3点を挙げている。

佐藤浩朗氏

今回の音づくりのポイントは写真の3点


アナログアンプシステムはボリュームにもこだわった

バッテリーの電源供給もデジタルとアナログで分離させている

アナログアンプにはTIの「TPA6120A2」を2基搭載。ロータリーボリュームには、世界最高峰のパフォーマンスを誇るというALPSのRK501を、DMP-Z1のために独自にカスタマイズ。銅でコーティングした上にさらに金メッキを施したという。DACはチャンネルセパレーションに有利なAKMの「AK4497EQ」を左右独立で2基採用、内部配線にはKIMBER KABLEを採用したという。

また電源に関しては、本体の上半分がデジタル部、下半分がアナログ部となっており、それぞれ独立した電源部を搭載している。それを実現するのが「H型」のアルミシャーシで、中央のパネルが上下を完全に分離している。

上部がデジタルブロック、下部がアナログブロック

「H型」のアルミシャーシを採用

実機を触ってみると、800x480ピクセル、3.1型のディスプレイがトップパネルに設置されており、UIの設計もウォークマンのそれをほぼ踏襲している。再生、停止などの物理ボタンも装備するが、基本的な機能はタッチパネルで行える。

ボリューム調整は手前のノブで行う。フロントには4.4mmのバランスと、3.5mmのアンバランスの2種類のヘッドフォン端子を搭載。また本体左面にはSDカードリーダーが搭載されている。256GBの本体ストレージに加えて、microSDXCカードスロット2基も備える。

800x480ピクセル、3.1型のディスプレイをトップパネルに装備

本体側面にmicroSDXCカードスロットを備える

背面は19.5Vの電源入力端子を備える。アンプの消費電力が大きいため、USB給電ではなくACアダプターを採用したという。また、USB typeC端子も搭載しており、音源の転送のほか、USB-DACとしても活用できるようになっているという。


背面端子部。電源とUSB端子が見える
最後に、既発売のウォークマンのファームウェアアップデートも紹介された。2018年秋をめどに、NW-WM1Z/WM1AにUSB-DAC機能が追加される。またNW-WM1Z/WM1A/ZX300の3機種を対象に、Bluetoothレシーバー機能と、アナログレコードの音をシミュレートする「Vinyl Processor」機能が追加される予定だ。


既存のウォークマンもアップデートする

関連記事