内蔵メモリー増量で新たにワイドFMにも対応

ソニー、ポータブル/据え置き両対応でICレコーダーとしても使えるラジオレコーダー

編集部:小野佳希
2018年01月16日
ソニーは、付属のクレードルスピーカーによってポータブルでも据え置きでも使用できるFM/AMラジオレコーダー「ICZ-R110」を1月27日に発売する。オープン価格だが21,000円前後での実売が予想される。

ICZ-R110

FM/AMラジオの予約録音が可能で、持ち歩くことができるポータブルラジオレコーダー。スピーカークレードルが付属し、家庭では据え置きのラジオレコーダーとしても利用できる。ポータブル用途では約22時間再生が可能。

従来機「ICZ-R100」からの進化点として、新たにワイドFM(FM補完放送)にも対応。また、内蔵メモリー容量も8GBから16GBに増やし、最大715時間の録音が可能になった(※MP3モノラル録音時)。

再生速度を0.5倍速から2倍速の間で調節できるデジタルピッチコントロール機能などの語学学習用機能も装備。再生中に一定秒数(5/10/30秒、1/5/10分)の早送りを設定できるイージーサーチおよびイージーサーチ戻し、A-Bリピート機能も備えている。

ラジオ番組の予約録音や、お気に入りのラジオ局を割ったちで選局できる「お気に入りラジオ局ボタン」も搭載。また、ラジオ受信時のノイズを抑えて再生する「ラジオノイズカット機能」も装備している。

ICレコーダーとしても使うことが可能。44.1kHz/16bitのリニアPCM録音に対応している。

関連リンク

関連記事