HOME > ニュース > ラトック、4K信号を最長40mまで延長できるHDMI延長器

Dolby TrueHDやHDR10にも対応

ラトック、4K信号を最長40mまで延長できるHDMI延長器

2018/08/02 編集部:平山洸太
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ラトックシステムは、LANケーブルでHDMI信号を延長できるHDMI延長器「RS-HDEX40-4K」を8月上旬から発売する。価格は48,000円(税抜)。

RS-HDEX40-4K」

RS-HDEX40-4Kは、LANケーブルでHDMI信号を延長できる送信機と受信機のセット。4K(4:4:4/24bit 60Hz)は最長40m、フルHDであれば最長70mまで延長することが可能。

本機の使用例

送/受信機には赤外線(IR)の送/受信用ジャックを搭載し、付属のアダプターを接続することよって延長先や延長元からリモコンの操作ができる。またシリアル通信対応機器の場合、RS-232Cケーブルを接続することでコマンド操作にも対応している(ハードウェアフロー制御には非対応)。

Dolby TrueHDとDTS-HD Master Audioの音楽フォーマットに対応しているほか、HDCP2.2、HDR10、CECなどの映像にも対応している。

POC技術により、送信機または受信機の片方からもう片方への電源を供給することが可能。一方にACアダプターの接続をせずとも動作するため、電源の確保に対するハードルが抑えられている。また、ACアダプターの接続部にはスクリューロックを用いて、抜け止めの対策を施した。壁掛け用の取り付けマウントが付属しており、壁掛け配線での取り付けにも対応している。

外形寸法は、送/受信機ともに157W×20H×90Dmmで、質量は約350g。最大対応解像度は3,840×2,160。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック