ボイスコイルを最大30%軽量化

ADVANCED、ステンレス筐体に独自ダイナミックドライバーを搭載したIEM「GT3」

編集部:押野 由宇
2018年07月27日
宮地商会 M.I.D.は、ADVANCEDブランドの新製品として、インイヤーモニター「GT3」を8月3日より発売する。価格はオープンだが、21,600円前後での実売が予想される。

「GT3」

ステンレス筐体に独自設計のマルチダンピングダイナミックドライバー1基搭載を搭載。ポタフェスなどで展示されていたモデルの正式な発売が決定した格好だ(関連記事)。

従来モデルと比べて同社比で最大で30%軽量化されたボイスコイルが使用されており、高域のレスポンスを大幅に向上させることに成功したとする。4kHz以上の高域に含まれる極めて繊細なニュアンスをピックアップして再生できるよう設計されており、特にアコースティック楽器のサウンドなどをリスニングする際に如実に効果を発揮するとアピールされている。

またメタルボディならではのクリアなサウンドに加え、3種の着脱式チューニングフィルターで低・中・高音域のレスポンスの変化が楽しめるとしている。さらに銀メッキ銅線ケーブルおよびマイク付きリモコンケーブルといった2種類のMMCXケーブルと、フォームイヤーチップ/シングルフランジシリコンイヤーチップ/デュアルフランジシリコンイヤーチップを付属。好みに合わせたセッティングが行えるのも特徴となる。

3種の着脱式チューニングフィルターを用意

インピーダンスは32Ωで、感度は92dB±3dB(1kHz)。周波数特性は10Hz〜40kHz(Ultra Wideband)で、定格入力電力が1mW、最大入力は5mWとなる。プラグには3.5mm金メッキプラグを採用。専用ケースとレザーケーブルタイを付属する。

関連記事