各国のカスタムIEMブランドを聴き比べられる

<ポタフェス>60万円の純銀製イヤホンも登場! カスタムIEMメーカーブース集中レポート

編集部:成藤正宣
2018年07月14日
7月14日 - 15日の2日間、東京・秋葉原で開催される「ポータブルオーディオフェスティバル2018 SUMMER」。本記事では、主にe☆イヤホンが取り扱うカスタムIEMブランドのブースについてお伝えする。

■VISION EARS

ドイツのVISION EARSは、8ドライバーのフラグシップモデル「VE8」から2ドライバーのエントリーモデル「VE2」までをラインナップ。6ドライバーモデル「VE6 Xcontrol」では、内蔵スイッチを操作することで、中低域重視と軽快さ重視の2通りのサウンドが楽しめる。

VISION EARSは6モデルのカスタムIEMをラインナップ

また本日から販売を開始する、ブランド初のユニバーサルモデル「ERLKöNIG」(¥600,000〜/税込)も出展した。純銀製ハウジングに、低域×4,中域×4、高域×4、超高域×1の13ドライバーを搭載。5ウェイ・クロスオーバーを組んでいる。こちらもサウンド切り替えスイッチを内蔵する他、フェイスプレートがマグネットで着脱可能。好みのオプションプレート(別売)に替えられる仕様となっている。

60万円の純銀イヤホン「ERLKöNIG」

フェイスプレートを外すと、音質切り替えスイッチとマグネットが見える

■Lark Studio

中国のLark Studioは本日よりオーダー受け付けを開始するブランド。ラインナップはカスタムIEM「LSXC」とそのユニバーサルモデル「LSX」(¥210,000〜/税込)、各モデルにPW AUDIO製のアップグレードケーブル「Saladin」を付属した「Splendor Edition」(¥235,000/税込)の計4製品。また、時期は未定ながら4ドライバーモデル「LSIV」も発売を予定しており、会場には試聴機を展示していた。

Lark Studioで現在唯一のラインナップ「LSX」

今後発売を予定する4ドライバーモデル「LSIV」

「LSXC」は低域×3、中域×4、高域×2、超高域×1の10ドライバーモデル。ネットワークを構成する部品として、音響的に高い性能を持つというAVX Oxicapコンデンサー、Vishay社の抵抗器を採用する。また、通常のカスタムIEMでは有料となるデザインオプションが無料で選択でき、約3,200通りのデザインパターンから選べるとしている。

「LSX」注文時にはデザインオプションは無料

■CTM

米フロリダのCTM(Clear Tune Monitors)は、6ドライバーモデル「CT-6」から1ドライバーのエントリーモデル「CT-100」までをラインナップ。試聴の感想をアンケートに残すことで、後日プレゼントが当たるキャンペーンも行っている。

また参考出展として、今後発売を予定しているユニバーサルIEM「Da Vinci」シリーズを初公開した。10ドライバー/5ウェイクロスオーバーの「Da Vinci X」と、9ドライバー/4ウェイクロスオーバーの「Da Vinci IX」の2モデルを展開。ネジの露出したフェイスプレートデザインや交換可能な金属フィルターを特色とする。

ネジを見せるデザインや金属ノズルが特徴的な「Da Vinci」シリーズ。画像は「Da Vinci IX」

また、銅のみ、銀のみ、銅と銀のハイブリッドという3種類のアップグレードケーブルも販売を予定。日本における価格と発売時期はまだ未定とのこと。

■CUSTOM ART

ポーランドのCUSTOM ARTは、フラグシップモデル「Harmony8.2」から1BAドライバーのエントリーモデル「FIBAE 1」までを出展。一般的なアクリル素材での製造にも対応しているが、上位機種では装着感/密閉感が高まるシリコン素材も選択できる。

CUSTOM ARTはシリコンでカスタムIEMを作れる数少ないメーカー

フラグシップ「Harmony8.2」の試聴機

フラグシップモデル「Harmony8.2」(¥159,000〜/税込)は、8ドライバー/4ウェイクロスオーバーで構成。低域から高域までまんべんなく伸び、解像度も高いバランスの取れたチューニングがされている。

■AAW

シンガポールのAAW(Advanced Acoustic Werkes)は、8BAドライバーと9mmダイナミックドライバー搭載のフラグシップモデル「W900」はじめ、BAドライバーとダイナミックドライバーを組み合わせたハイブリッドモデルを数多く取り揃えるブランド。エントリーモデル「A1D」ダイナミックドライバー×1という珍しい構成となっている。

AAWはハイブリッドモデルを数多くラインナップ

参考出展製品として、ユニバーサルモデル「CANARY」「NIGHTINGALE」の2モデルを公開。「CANARY」は16基ものBAドライバーに加え、プッシュ・プル駆動する2基のダイナミックドライバーを搭載。「NIGHTINGALE」はBAドライバーに14mmの平面駆動型ドライバーを組み合わせているという。価格・発売日に関してはまだ未定とのこと。

参考展示機は似た形状のハウジングを採用しながら、それぞれ独特なドライバー構成を採用

■HUM

香港のHUMは、2種類の2ドライバーモデル「Dolores」(¥200,000〜/税込)、「Pristine-Reference」(¥150,000〜/税込)を出展。どちらも2ドライバーモデルだが、大型のコンデンサーやコイルを採用して音作りを行っていることが特徴。先に発売された「Pristine-Reference」は中低域重視、「Dolores」はそれよりもバランスに優れた高解像度なチューニングが施されている。

「Dolores」(右)と「Pristine-Reference」(左)。特徴的な中の部品が見える試聴機を用意している

■Ultimate Ears

アメリカのUltimate Earsは、フラグシップモデルにして同社初のハイブリッド型「UE LIVE」から、2ドライバーのエントリーモデル「UE5Pro」までラインナップ。

プロも愛用するブランドとして高い知名度を誇るUE。大手スタジオでチューニングされたモデルも有名

ミュージシャンがステージで着用する事を想定し防水仕様の独自ケーブル端子を採用する他、3ドライバーモデル「Reference Remastered」では、チューニングにアメリカの大手スタジオが携わるなど、プロの音楽制作の場を強く意識するブランドとなっている。

■Flipears

フィリピンのFlipearsは、6ドライバーモデル「AXIS」から、2ドライバーモデル「AIDEN」までをラインナップ。最上位の「AXIS」は¥103,000〜(税込)、エントリーモデルの「AIDEN」は¥46,000〜(税込)と、カスタムIEMの中では比較的手頃な価格が特徴的なブランドとなっている。

カスタムIEMでは比較的手頃な価格のFlipears

「AXIS」のデザインサンプル。注文時に多彩なデザインを選べるのもカスタムIEMの特徴

■Jomo Audio

シンガポールJomo Audioは、11ドライバーモデル「Flamenco」から1ドライバーのエントリーモデル「HAKA」までをラインナップ。上位機種の「Flacmenco」や「Samba」は、音導管にチタニウム製の金属管を埋め込む工夫がされる他、付属のケーブルにEffect Audioの純銅ケーブル「Ares II」を採用するなどアクセサリーにも特徴があるシリーズとなっている。

金属音導管やケーブルメーカーコラボの付属品などで個性を出している

■EFFECT AUDIO

シンガポールのEFFECT AUDIOは、カスタムIEMなどに対応するアップグレードケーブルを開発するケーブルブランド。プラグやコネクターの種類、異なる線材の混ぜ合わせなどもオーダーメイドで受け付けている。

既成品の他、オーダーメイドも受付

フラグシップモデルは今年に4月発表した「Janus」。レアメタルでメッキされた銅線や独自の合金線を採用したハイエンド仕様で、¥159,000〜からオーダーメイドで受注を受け付けている。

レアメタルを使い、15万円を越えるフラグシップの「Janus」

関連記事