BDレコーダーもラインナップ、全6機種

FUNAI、同社初のUHD BD対応レコーダー「UT2000/1000」。“AI録画” にも対応、約5万円から

PHILE WEB編集部
2018年07月04日
船井電機は、FUNAIブランドより、同社初となる4K Ultra HDブルーレイ(UHD BD)に対応したBDレコーダー“UTシリーズ”「FBR-UT2000」「FBR-UT1000」を7月14日に発売する。

FBR-UT2000

<UTシリーズ> UHD BD対応・3チューナー搭載モデル
・「FBR-UT2000」(容量2TB)¥OPEN(予想実売価格55,800円前後)
・「FBR-UT1000」(容量1TB)¥OPEN(予想実売価格49,800円前後)

FBR-UT2000/UT1000

背面端子部

また、UHD BD非対応のBDレコーダー“HTシリーズ” “HWシリーズ”の4機種も合わせて7月14日より発売される。

<HTシリーズ> 3チューナー搭載モデル
・「FBR-HT2010」(容量2TB)¥OPEN(予想実売価格49,800円前後)
・「FBR-HT1010」(容量1TB)¥OPEN(予想実売価格39,800円前後)

FBR-HT2010/HT1010

背面端子部

<HWシリーズ> 2チューナー搭載モデル
・「FBR-HW1010」(容量1TB)¥OPEN(予想実売価格35,800円前後)
・「FBR-HW510」(容量500GB)¥OPEN(予想実売価格31,800円前後)

FBR-WT2010/WT1010

背面端子部

なお、FUNAIブランドの製品は、ヤマダ電機グループが独占販売を行う。

UTシリーズの2機種は、UHD BD再生に対応。「最大100Mbpsの圧倒的な情報量で高画質4K映像が満喫できる」と紹介されている。地上デジタル放送やBDソフトを4K/60pへアップコンバートしての再生にも対応する。4Kビデオカメラで撮影した4K動画(MP4)の保存・再生もサポートしている。

ジャンルや好みに合わせて7つのモードから選択できる画質調整機能も搭載。ハイレゾ音楽ファイルの再生にも対応しており、WAV・FLAC・ALAC・DSDの再生が可能だ。

レコーダー6機種の共通の機能として、ユーザーがよく選ぶジャンルや番組名、繰り返し見る番組などをAIが分析・学習して自動的に録画する「AI録画」に対応する。

「AI録画」の利用イメージ

指定した時間帯のチャンネルをまるごと録画する「こだわりまるごと録画」機能も搭載。予約録画の失敗や録り逃しを防げるとする。まるごと録画用のハードディスク容量が少なくなった場合には、古い番組を上書きして録画する。

そのほか各モデル共通の機能として、まるごと録画した番組を自動分類して再生する「おすすめ再生」、録画番組を1.3倍または1.6倍で再生する「音声付き早見再生」も行える。「新番組おまかせ録画」機能、SeeQVault対応外付けハードディスクへの直接録画にも対応している。

「こだわりまるごと録画」機能も備える

スマホ連携機能も充実。録画した番組を外出先から再生できる「どこでも視聴」、スマートフォンなどへ番組を書き出して持ち出す「番組持ち出し」、放送中番組をスマートフォンへ転送して視聴できる「放送中の番組視聴」などに対応する。

またスマートフォンやタブレットからの番組表閲覧や番組検索、番組予約なども可能だ。Androidスマートフォンについては「SDカードへの番組持ち出し」「音声付き早見再生」にも対応する。

外形寸法/質量は、FBR-UT2000が430W×49H×260Dmm/2.95kg、FBR-UT1000が430W×49H×260Dmm/2.75kg。

FBR-HT2010が430W×48H×212Dmm/2.65kg、FBR-HT1010が430W×48H×212Dmm/2.6kg。FBR-HW1010が430W×48H×212Dmm/2.6kg、FBR-HW510が430W×48H×212Dmm/2.4kg。

本日開催された発表会の模様や製品詳細は追ってお伝えする。

関連記事