ダイレクト/チャンネル拡張のモード切替も可能

マランツの旗艦AVアンプ「AV8805」がAuro-3D対応のアップデートを開始

編集部:川田菜月
2018年05月31日
ディーアンドエムホールディングスは、マランツブランドの13.2ch対応AVプリアンプ「AV8805」を対象とした、“Auro-3D”対応ファームウェア・アップデートを開始。本日5月31日より最新ファームウェアを公開した。

「AV8805」がAuro-3D対応

設定メニューからインターネット経由のファームウェア・アップデートを実行することで、サウンドモード「Auro-3D」が選択可能となる。

AV8805は同ブランドAVプリアンプのフラグシップモデルで、13.2chプロセッシングに対応。Auro-3D対応については後日アップデート予定としており(関連ニュース)、今回開始されたかたち。

Auro-3Dはチャンネルベースのイマーシブオーディオ・フォーマットで、5.1ch+サラウンドバックの7.1chシステムに、フロントハイト/センターハイト/サラウンドハイト/トップサラウンドスピーカーと最大6chのハイトスピーカーを組み合わせた13.1chシステムで、自然で臨場感豊かな3Dサウンドを楽しむことができる。また「Auro-Matic Upmixer」により、モノラル/ステレオおよびサラウンドコンテンツを3Dサウンドにアップミックスすることも可能。

AV8805では、再生コンテンツに合わせてAuro-Matic Upmixer効果を5種類のプリセット(小/標準/大/ムービー/スピーチ)と16段階のチャンネルレベル設定で調整することが可能。なお、入力信号にハイトチャンネルを含むAuro-3D信号が含まれている場合は設定不可となる。

また、Auro-3D入力信号をそのまま再生する「ダイレクトモード」と、スピーカー構成に合わせて最大13.1chまで拡張再生する「チャンネルの拡張モード」の切替できる。

関連記事