STAXはDAC内蔵ポタアンも

【ヘッドホン祭】STAXの新旗艦ヘッドホン「SR-009S」に長蛇の列/Fender新シリーズ「PURESONIC」

編集部:風間雄介
2018年04月28日
東京・中野サンプラザで開催されている「春のヘッドホン祭2018」会場から、本稿では完実電気の出展内容を紹介しよう。

完実電気は既報の通り、SHURE 1ブランドだけで11Fの大きな部屋を使うという贅沢な構成。もうひとつの部屋では、STAX(スタックス)やFenderの新製品、B&O PLAYなどが展示していた。

STAXでは、この4月24日に発表したばかりの静電型ヘッドホン新フラッグシップモデル「SR-009S」(関連ニュース)に注目が集まっている。価格は496,800円(税込)。

左がSTAXの新モデル「SR-009S」」、右が従来の「SR-009」

試聴機が何台か置かれていたが、それでも試聴を求める方の列が途切れることなく続いていた。また、これまでの「SR-009」との聴き比べもできるようになっていた。

この「SR-009S」は、第2世代の多層固定電極「MLER(Multi-Layer-ElectRodes)」を採用したことが大きな特徴。静電型ヘッドホンでは、電極に穴を開けて音を通す必要があるが、これまでのエッチング処理では、この開口部のエッジにバリが残るなどの課題があった。今回の第2世代電極では、アフターエッチング処理を施すことで電極開口部のエッジをより滑らかにし、空気抵抗を減らすことで、音の透過性を向上させたとのこと。

また電極に対して金メッキ処理を施すことで、固定電極自体の振動を抑制。電気抵抗も抑えられ、これがトランジェントの良さにもつながっているという。

筐体も強化。アルミ削り出しを採用し、ユニットをより強固に固定。また厚みを極限まで減らして軽量化を図り、音の流れをスムーズにしている。

そのほか、同ブランドとして初のDAC内蔵型ポータブルアンプ「SRM-D10」(関連ニュース)も展示している。スタックスの親会社はEDIFIERだが、そのEDIFIERがデジタル技術を供与することで、DAC内蔵を実現した。スタックスのヘッドホン製品は日本製だが、このような背景から、SRM-D10は中国製となっている。価格は90,000円(税抜)。

同社初のDAC内蔵型ポータブルアンプ「SRM-D10」

STAXロゴを天板に刻印

Fender

Fenderブランドでは、3月に発表会を開いた新シリーズ「PURESONIC」(関連ニュース)を中心に展示していた。

PURESONICシリーズはプロ向けの「FXシリーズ」とは異なるカジュアルなエントリーモデルとして展開されるワイヤード/ワイヤレスイヤホンシリーズ。

中でも最上位機種の「PURESONIC PREMIUM WIRELESS EARBUDS」は、FXシリーズと同様のモニターイヤホンスタイルのBluetoothモデル。FXシリーズと比較して30%小ぶりに設計したハウジングと、シルクメッシュを用いた新開発の9.25mmダイナミックドライバーが大きな特徴となっている。

PURESONIC PREMIUM WIRELESS EARBUDS」

レトロなデザインのBluetoothスピーカー「NEWPORT」も

B&O PLAY

B&O PLAYは、すでに展開しているヘッドホン・イヤホンを展示。ノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドホン「H9i」や、高い人気を誇る完全ワイヤレスイヤホン「E8」を出展し、実際に音を確かめることができるようになっていた。

B&O PLAY「H9i」

B&O PLAY「E8」


ラトックは、ラズパイでJRIVERを動かすというデモを実施

JRIVERを動かす意義、方法などくわしくはラトックのブログに書かれているので参照して欲しいとのこと


OCTAVEの超弩級ヘッドホンアンプ「V16 Single Ended 」。価格は120万円

オルトフォンはおなじみの製品群を展示。アナログレコードを再生するデモも行っていた


クリプトンは「KS-9 Multi」と「KS-3 HQM」を展示し、一つのNASの音源を二つのシステムで共有する、というデモを行っていた

関連記事