4K/HDR映像伝送にも対応

ヤマハ、384kHz/32bit DAC搭載のAVアンプ「RX-V385」。フロントバイアンプにも対応

編集部:押野 由宇
2018年04月11日
ヤマハは、384kHz/32bit DACを採用、4K/HDR映像伝送やBluetoothオーディオ送受信にも対応した5.1ch AVレシーバー「RX-V385」を、4月下旬より発売する。価格は48,000円(税抜)。

「RX-V385」

RX-V385は、2chステレオ仕様のバー・ブラウン製384kHz/32bit DACを3基搭載したD/A変換セクション、ピュアオーディオ再生に適したダイレクトモードなどを新たに採用。さらにブロックケミコンをはじめとするパーツの再選定、上位機種と同等のプリント基板パターンや電源構成の採用など、音の基本性能を追求した仕様となっている。

内蔵の5chパワーアンプは、2.0ch - 3.1chスピーカー接続時にさらなる音質向上が期待できるフロントバイアンプ接続に、同クラスとして初めて対応した。

HDR映像伝送やBT.2020映像伝送、HDCP2.2、4K/60p 4:4:4映像信号のパススルー/4Kアップスケーリングに対応する 4入力/1出力の HDMI 端子を装備。高画質化技術「Dolby Vision」や放送局が推奨するHDR 方式「Hybrid Log-Gamma」にも全端子で対応する。

背面部

さらに、臨場感あふれるシアター空間を創出するという独自の音場創生技術「シネマ DSP」を搭載。映画や音楽、テレビ放送、ゲームなどさまざまなソースに合わせて最適化した17種類のサラウンドプログラムを装備する。

またサラウンドスピーカーを含む5.1chスピーカーすべてをフロント側に設置して 5.1chサラウンドが楽しめる「バーチャルシネマフロント」、サラウンドスピーカーを使用しない2.0ch - 3.1chスピーカー構成で豊かな臨場感が得られるという「バーチャルシネマDSP」も搭載。さらに部屋の音響特性に合わせて音場・音質を自動調整する視聴環境最適化システム「YPAO」も装備した。

Bluetoothオーディオ再生では、ヤマハ独自のBluetooth対応ミュージックエンハンサーにより、圧縮音声をより魅力的なサウンドにできるとしている。コーデックはSBCに対応。

ほか、メインスピーカーにコンパクトスピーカーを使用する場合やサブウーファーなしのシステムでも力強く躍動感のある低音を再現する「Extra Bass」や、再生音量に応じて DSP 効果を自動調整し、 常に最適な臨場感が得られる「A-DSP技術」などを採用する。

定格出力は100W/ch(6Ω、0.9%THD、1kHz/1ch駆動)、70W/ch(6Ω、0.09%THD、20Hz-20kHz/2ch駆動)。HDMI端子は4入力/1出力(HDCP2.2 対応)、HDMIパススルーは4K/60p(YCbCr=4:4:4)、HDR(10bit/12bit)、Dolby Vision、Hybrid Log-Gamma、BT.2020。ほか映像入力としてコンポジット×3を備える。

アナログ音声入力はRCA×2、ステレオミニ×1を、デジタル音声入力は光×1、同軸×2を装備。さらにUSB端子も搭載する。音声出力はスピーカー5ch、サブウーファー×1、ヘッドホン×1。外形寸法は435W×161H×315Dmm、質量は7.7kg。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルAVアンプ
  • ブランドYAMAHA
  • 型番RX-V385
  • 発売日2018年4月下旬
  • 価格¥48,000(税抜)
●定格出力:100W/ch(6Ω、0.9%THD、1kHz/1ch駆動)、70W/ch(6Ω、0.09%THD、20Hz-20kHz/2ch駆動) ●HDMI端子:4入力/1出力(HDCP2.2 対応) ●アナログ音声入力:RCA×2、ステレオミニ×1 ●デジタル音声入力:光×1、同軸×2 ●音声出力:スピーカー5ch、サブウーファー×1、ヘッドホン×1 ●外形寸法:435W×161H×315Dmm ●質量:7.7kg

関連記事