Philips Hueと連携

LINEのスマートスピーカーから音声操作で照明オン/オフ。ホームIoTサービス「Clova Home」が提供開始

編集部:押野 由宇
2018年04月09日
LINE株式会社は、 AIアシスタント「Clova」による家電操作が可能となるホームIoTサービス「Clova Home」の提供を本日4月9日より開始。その第一弾として、Philips Hueと連携し、インターネットサーバーを経由して照明の操作ができるようになったことを発表した。

「Clova Home」の提供を開始

Clova Homeは、IoTを活用して家電操作が可能となるサービス。 ホームIoT化の第一弾としてPhilips Hueと連携し、 インターネットサーバーを経由して照明のON/OFF操作や明るさ・色等の細かな調整を音声で行えるようになった。また、 事前にロケーションの設定を行うことにより「リビングの照明をつけて」など場所を指定した操作も可能となる。

活用例

従来の赤外線対応家電の「音声リモコン」機能では、スマートスピーカー「Clova WAVE」と家電製品は赤外線の届く範囲かつ間に障害物がない環境に配置させる必要があったが、Clova Homeではネットワークを経由して操作するため、 距離や配置場所の制限なく利用できる。

また、今後オプションによって赤外線対応家電の音声リモコン機能対応予定のスマートスピーカー「Clova Friends」も、Clova Homeにより家電操作が可能となる。

関連リンク

関連記事