フォノボリュームオフセット機能も装備

ソニー、フォノ入力やBluetooth機能などを備える入門プリメインアンプ「STR-DH190」

編集部:小野佳希
2018年04月03日
ソニーは、フォノ入力やBluetooth機能などを備えるエントリークラスのプリメインアンプ「STR-DH190」を4月21日に発売する。価格は22,500円(税抜)。

STR-DH190

同社では「スピーカー一体型の安価なアナログレコードプレーヤーを購入したユーザーが、外部スピーカーへのステップアップを図りたい際などに適したモデル」だと説明。同時発表のAVアンプと同じシャーシを使うことなどで低価格化を実現させている。

背面端子部

MMカートリッジ対応のフォノイコライザーを内蔵したフォノ入力を装備。フォノ回路を電源トランスから離して設置するなど、ノイズを最小限に抑えるよう配慮したフォノアンプ設計を採用している。

「フォノボリュームオフセット(フォノ音量調整)」機能も搭載。レコードプレーヤーの音量を0〜+6dbの範囲で調整できる。

BluetoothはAACとSBCコーデックに対応。また、ペアリングしたスマートフォンからBluetoothで音楽再生した際に、本機の電源がオフの状態でも起動できるBluetoothスタンバイ機能も備えている。

音質面では前述のフォノアンプ設計のほか、広帯域かつローノイズを実現したというリニア広帯域パワーアンプを搭載。また、底面に「X」型のエンボス加工を施すことによって剛性を高めたXエンボスデザインの新シャーシを採用している。

なお、ハイレゾ音源の再生機能などは非搭載だが、再生周波数帯域がハイレゾ領域までカバーするため、本体にはハイレゾマークもついている。

そのほか、スピーカー出力端子を2系統装備。A or B、A + Bの切り替えができる。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルプリメインアンプ
  • ブランドSONY
  • 型番STR-DH190
  • 発売日2018年4月21日
  • 価格¥22,500(税抜)

関連記事