ソフトウェアダウンロードで実施

東芝、4Kレグザ5機種をGoogleアシスタント搭載スマートスピーカーからの音声操作に対応

編集部:押野 由宇
2018年03月26日
東芝映像ソリューションは、同社がラインナップする4K “レグザ” 「X910」「Z810X」「BZ710X」「M510X」「C310X」シリーズについて、 Google HomeなどのGoogleアシスタントを搭載したスマートスピーカーによる音声操作に対応するバージョンアップを、本日3月26日から開始する。

「X910」シリーズ

この対応により、「Ok Google、レグザを使って1チャンネルが見たい」とスマートスピーカーに話しかけてチャンネルを変更したり、音量の調整や入力切り換えをしたり、録画番組を始めから見る「始めにジャンプ」を行うなど、スマートスピーカーを使ったテレビ操作が行えるようになる。

本バージョンアップはソフトウェアダウンロードにて無償で実施されるもので、その方法はレグザホームページのソフトウェアダウンロード情報を参照のこと。

関連記事