アコースティックチャンバーで低域チューニング

final、人気モデルの精度をさらに高めたMMCX対応イヤホン「E4000」「E5000」

編集部:押野 由宇
2018年03月23日
S’NEXTは、finalブランドの新製品として、イヤホン「E4000」および「E5000」を発表した。価格はE4000が2万円以下、E5000が3万円程度を予定。発売時期は4月28日から開催の「春のヘッドフォン祭2018」を目指す。

「E5000」

「E4000」

E4000/E5000は、Eシリーズのイヤホン最新モデルとなる製品。Eシリーズとしては「E2000」「E3000」をラインナップしてきたが、これらは「競争が激しいエントリー機種の価格帯で、長く定番と呼ばれる製品を作りたい」という思い、そしてポータブルオーディオへのファンを取り込むことになるエントリーに高音質をという考えから、同社の考える良い音を提示したという。

その結果、Eシリーズは2017年5月の発売から累計10万本以上の出荷を達成。次なる目標として、E4000/E5000では「万人が認める良い音の一線をさらに超えたい」と説明。同社では「チューニングの精度を高めていくと、あるところまでは万人に良い音と感じられるが、一定を超えると好みが分かれるようになってくる」と考え、その境界を “不快の谷” として、E4000/E5000はその線ギリギリのチューニングとなるという。

同社が考える「不快の谷」に対する製品の位置付け

「80%の『いいね』から、50%の『凄くいいね』を獲得できるように。例えれば、E2000/E3000が家庭の和食だとしたら、E4000/E5000は料亭」と、精度感をより高めていくと同社は説明する。

左が「E5000」、右が「E4000」

ドライバーは共に6.4mmダイナミック型を搭載。筐体は金属削りだしで、E4000がアルミニウムブラックアルマイト仕上げ、E5000がステンレス鏡面仕上げ。インピーダンス/感度がE4000は15Ω/97dB、E5000は14Ω/93dBと異なっている。

両モデルはアコースティックチャンバーの搭載により低域をチューニング。また、共にMMCXコネクターを採用しており、ケーブルはE4000がオリジナル高純度OFCで、E5000ではオリジナル高純度OFCにシルバーコーティングを施した。イヤーピースのスウィングフィット機構はE2000/E3000と共通となる。

両モデルともにMMCX端子を採用

関連リンク

関連記事