5.5mmマイクロドライバーを搭載

パイオニア、グラフェンコート振動板採用のハイレゾ対応イヤホン「SE-CH3T」

編集部:小澤貴信
2018年03月01日
オンキヨー&パイオニアは、パイオニアブランドより、ハイレゾ対応イヤホンのエントリーモデル「SE-CH3T」を3月中旬より発売する。価格はオープンだが、3,400円前後での実売が予想される。カラーはレッド、ゴールド、ブラック、ピンク、シルバーの5色を用意する。

「SE-CH3T」

ダイヤモンドより硬いなどの特徴を持つというグラフェンでコーティングした振動板による、5.5mmマイクロドライバーを搭載。振動板の分割振動を抑えることで、伸びのある高域を再生できるという。また、強磁力希土類マグネットを用いることで、躍動感のある低域再生を可能にしている。

イヤホンのボディには精密切削のアルミニウムを使用し、ドライバーの振動による不要共振を最小限に抑制。クリアな音質や締まりのある低音再生、忠実な空間描写を実現したとする。

筐体外形が6.8mm、質量は3.1g(ケーブル除く)という小型・軽量により、快適な装着感も実現している。装着方法を選べる2wayスタイルデザインにより、ケーブルを耳掛けする装着も可能だ。ケーブルにはマイク搭載のリモコンが配置されている。

再生周波数帯域は8Hz〜40kHz、インピーダンスは16Ω、出力音圧レベルは102dB、ケーブル長は1.2m。イヤーチップはS/M/Lの3種類を同梱する。

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドPIONEER
  • 型番SE-CH3T
  • 発売日2018年3月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格3,400円前後)

関連記事