サービスやその他製品部門も成長

アップル、'18年1Q売上は883億ドルで過去最高。iPhoneの台数微減も増収確保

編集部:風間雄介
2018年02月02日
米アップルは、2017年12月30日に終了した、同社2018年度第1四半期の決算を発表した。期間中の売上は882億9,300万ドル(約9兆6,606億円)と、前年同期比13%増。四半期として過去最高を記録した。

同社のティム・クックCEOは、「アップルの歴史上、もっとも大きな規模となった四半期の結果に興奮している。iPhone Xも我々の期待を超え、11月の出荷依頼、毎週最も多く売れたiPhoneとなった」とコメント。またこの1月には、同社製デバイスで実際に使われているものが13億台を超え、2年前から30%増となったとも報告した。

地域別の売上を見ると、アメリカは10%増、ヨーロッパは14%増、中国は11%増、日本は26%増、アジアの他地域が17%増。特に日本での増収幅が大きい。

デバイス別では、iPhoneの販売台数は7,732万台と前年同期比1%減となったが、販売金額は13%増となった。この背景には単価が高いiPhone Xが発売されたことがある。

一方でiPadの販売台数は1,417万台と台数は1%増、金額は6%増。同社は昨年のiOS 11でiPadの大幅機能強化を行ったが、それが販売台数の下げ止まりに寄与したと考えられる。またMacの期間中販売台数は511万台で、台数、金額ともに5%減だった。

一方でアプリやアップルケア、Apple Payなどを含むサービス部門の売上は約85億ドルと、前年同期比18%増となった。さらにApple TV、Apple Watch、Beats製品、iPod touch、Appleブランドのサードパーティー製アクセサリーなど「その他製品」部門の売上げも約55億ドルとなり、こちらも前年同期比36%増と大幅増収を記録した。

関連記事