HOME > ニュース > ラディウス、IPX7防水対応で新開発ドライバー搭載のBluetoothイヤホン「HP-G100BT」

aptXにも対応

ラディウス、IPX7防水対応で新開発ドライバー搭載のBluetoothイヤホン「HP-G100BT」

2018/01/19 編集部:小澤貴信
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ラディウスは、IPX7の防水性能を備えたBluetoothイヤホン「HP-G100BT」を1月24日に発売する。価格はオープンだが、7,980円前後での実売が予想される。本体色はブラックに加え、レッド、シルバー、グリーンの4種類を用意する。

「HP-G100BT」

IPX7対応の防水仕様により水洗いも可能。雨や汗にも強く、スポーツやエクササイズなどでの利用を想定しているというBluetoothイヤホン。Bluetoothは4.1で、伝送遅延や音質劣化が少ないaptX、AACのコーデックに対応する。

新開発の6mm径ダイナミックドライバーを搭載。力強い駆動を実現する高剛性振動板を採用するとともに、振動板の駆動時に発生する背圧を最適化する設計を施すことで、「迫力の重低音サウンドとクリアで伸びやかな中高域を余すことなく再現する」とのこと。重低音のビートを最大限に再生できるため、スポーツやエクササイズ時のリスニングにも好適としている。

4色をラインナップ

イヤホン部には装着性を高める着脱可能なイヤーフック(3サイズを同梱)を配置。このフックには柔らかい素材を用いることで耳へのフィット感を向上。装着性も高め、激しい運動でも快適な装着性を実現するという。また、イヤホンヘッド内部にマグネットを搭載することで、使用しない時は左右のイヤホン同士をマグネットで吸着させ、ペンダントのように首から吊り下げることができる。

3サイズのイヤーフックを同梱

マイク内蔵によりハンズフリー通話に対応。最大4台までのペアリングに対応したマルチペアリング、音楽再生機器(A2DPプロファイル)と通話機器(HFPまたはHSPプロファイル)のそれぞれ1台ずつに同時接続が可能なマルチポイントに対応する。

マイク付きリモコン部

連続再生時間は最大約7時間、充電時間は約2時間となる。

出力音圧レベルは101dB(±3dB)、再生周波数帯域は20Hz〜20kHz、インピーダンスは16Ω。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

製品スペックやデータを見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドRADIUS
  • 型番HP-G100BT
  • 発売日2018年1月24日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格7,980円前後)
【SPEC】●通信方式:Bluetooth標準規格 Ver4.1 ●出力:Bluetooth標準規格 Power Class 2 ●最大通信距離:見通し距離 約10m ●対応プロファイル:A2DP、AVRCP、HFP、HSP ●対応コーデック:SBC、AAC、aptX ●連続再生時間:最大約7時間 ●充電時間:約2時間 ●型式:ダイナミック型 ●ドライバー:Φ6.0mm ●出力音圧レベル:101±3dB ●再生周波数帯域:20Hz〜20kHz ●インピーダンス:16Ω