12月16日・17日「ポタフェス秋葉原」にて試聴可能

ETYMOTIC、上位機のBAドライバーを継承した新イヤホン「ER3SE」「ER3XR」

編集部:川田菜月
2017年12月15日
完実電気(株)は、同社が取り扱うETYMOTICより、BAイヤホン“ER3シリーズ”の新モデル「ER3SE」「ER3XR」を2018年1月中旬から下旬に発売する。価格はいずれもオープンだが、22,800円前後での実売が想定される。

「ER3SE」

「ER3XR」

両モデルとも、同社の人気シリーズ“ER4”から受け継いだ高性能BAドライバーを1基搭載するイヤホン。12月16日、17日に東京・秋葉原にて開催される「ポタフェス2017 WINTER秋葉原」の完実電気ブース(ベルサール秋葉原 2F-01)にて出展、試聴も可能とのこと。

ER3SEは従来のパフォーマンスを維持しながらコストダウンを図り、高い遮音性能と高音質を保ちながら手の届きやすい価格を実現したとのこと。“Studio Edition”と名付けられ、フラットかつワイドレンジなサウンドとしている。

ER3XRはより強靭でタイトな低域再現力と忠実性を両立するというモデル。本体はアノダイズ処理を施したメタルボディーを採用。3フランジ・イヤーチップとの組み合わせで、-35dBの遮音効果を実現するとのこと。

再生周波数帯域は20Hz - 16kHz、インピーダンスは22Ω、 感度は102dB SPL(0.1V input)。長さ1.5mのケーブルは着脱式MMCXコネクター、L型3.5mm ステレオ・ミニプラグを装備する。

付属品には、フォーム・イヤーチップ・ブラック×1ペア、3フランジ・イヤーチップ S・フロスト/クリア×各1ペア、フィルター交換ツール、交換フィルター×2、シャツクリップ、ポーチを用意する。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドETYMOTIC
  • 型番ER3SE
  • 発売日2018年1月中旬〜下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格22,800円前後)
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドETYMOTIC
  • 型番ER3XR
  • 発売日2018年1月中旬〜下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格22,800円前後)

関連記事