MASTER&DYNAMICの“コンクリ”Bluetoothスピーカーも

<ヘッドホン祭>Astell&Kernは「AK70 MKII」が主役/DITA、「Fidelity」「Fealty」の試作機

編集部:小澤貴信
2017年11月03日
本日より開幕した秋の「ヘッドフォン祭 2017」。アユートは、同社が取り扱うAstell&KernやCHORDなどの多数のブランドの製品を一堂に会して試聴の機会を設けた。

「AK70 MKII」

Astell&Kernの主役となったのは、10月に発売したばかりの“プレミアム・エントリー”クラスのDAP「AK70 MKII」(関連ニュース)だ。エントリーという位置付けながら、シーラス・ロジック「CS4398」を2基搭載してデュアルDAC構成を採用。さらには最新フラグシップ「A&Ultima SP1000」で培われたノウハウを活かしてアンプなど内部回路を刷新。出力を強化しつつ低歪・低ノイズ化を実現した。

「SP1000」Stainless/Copper

このAK70 MKIIに、Astell&KernとJH Audioのコラボレーションによるユニバーサルイヤホン「Michelle Limited」(関連ニュース)を組み合わせてデモが行われていた。

Michelle Limitedは両ブランドのコラボによる「THE SIRENシリーズ」のエントリーモデルだが、この限定モデルは従来の3Dプリントによるボディをモールド生産に切り替えることでコストダウンを実現している。今秋の発売がアナウンスされているが現時点では未発売とあって、会場ではAK70 MKIIと共に高い注目度を誇っていた。

その他、新フラグシップとなるA&Ultima SP1000、新コンセプトDAP「KANN」などAstell&Kernの主要なDAPをブースでは試聴することができた。また、AK70 MKIIの劇場版『Fate [HF]』とのコラボモデル、Astell&Kern 5周年を記念したAK70 MKIIのアニバーサリー仕様機の実機の展示も行われた。

AK70 MKIIの『Fate [HF]』コラボモデル

こちらは5周年記念モデル。背面に“5”の数字が

Astell&Kernからは“デスクトップアンプ”「ACRO L1000」も参考出展。AK4490を2基搭載したデュアルDAC構成のUSB-DACやバランス/アンバランス対応のヘッドホンアンプ、さらには20Wの出力を備えたスピーカー用アンプも備えている。現時点で詳細は明らかにされておらず、続報が待たれる。

「ACRO L1000」

背面にはスピーカー端子も

ハイエンドのダイナミック型イヤホンを手がけるDITAからは、新イヤホン「Fidelity」と「Fealty」の試作機が参考出展。やはりダイナミック型イヤホンなのだが、両モデルともにドライバーとアルミ切削加工のボディは共通で、音質チューニングのみ変えてあるとのこと。Fidelityはその名のとおりのHi-Fi指向のモニター調、Fealtyはより音楽的な再現を狙ってまとめているという。いずれもDREAMで培った技術が投入されている。現時点で完成度は7〜8割とのことで、さらに音質を追い込むべく来場者からも意見を聞いていた。

「Fidelity」と「Fealty」の試作機

CHORDからは、ポータブルDAC/ヘッドホンアンプ「Hugo」「Mojo」、さらにはMojoをメモリー/ネットワークプレーヤー化する専用モジュール「Poly」も出展されていた。Polyについては発売が延期になっていたが、英国では販売が開始されており、日本でも近日中での登場が期待されている。会場ではMojo+PolyでSDカード内の音楽を再生、Wi-Fi接続したタブレットでコントロールするというシステムでデモが行われていた。

Mojo+Poly

BURSON AUDIOから参考出展された「PLAY」はUSB-DAC内蔵ヘッドホンアンプ。同社はオペアンプを独自開発して単品販売もしているのだが、本機は同社製の4種類のオペアンプでそれぞれ音質をチューニングした4バージョンを用意。今回会場に用意されていたのはそのうちの1バージョンだが、こちらも来場者の意見を聞きつつ日本導入を検討していくという。

「PLAY」

スタイリッシュなヘッドホンを手がけるニューヨーク発 MASTER&DYNAMICからは、コンクリートの筐体にスピーカーユニットを埋め込んだユニークなデザインのワイヤレススピーカー「MA770」が参考出展。質量は22.7kgにもおよび、100WのクラスDアンプで、2基の4インチ・ウーファーと1基のチタントゥイーターを鳴らす。ワイヤレス再生はChromecast built-inおよびBluetooth4.1に対応している。発売日や価格は現時点で未定とのことだ。

「MA770」

関連記事