カスタムドライバーを搭載

RHA、装着感にこだわったカナル型イヤホン「S500 Universal」 ー 「MA390 Universal」も

編集部:小澤貴信
2017年11月01日
ナイコムは、同社が取り扱うRHAのイヤホン「S500 Universal」「MA390 Universal」を11月15日より発売する。S500 Universalは「S500」の後継機種、MA390 Universalは「MA350」の上位モデルとなる。価格は以下の通り。

S500 Universal

MA390 Universal

・「S500 Universal」 ¥4,800(税抜)
・「MA390 Universal」 ¥3,480(税抜)

S500 Universalは、イヤホン本体をコンパクトに設計して、幅広いユーザーの耳に最適にフィットすることを狙ったモデル。カスタム設計された140.1マイクロダイナミックドライバーを搭載。筐体には高品質な6063アルミニウムを採用する。ケーブルには、ユニバーサル・マルチファンクションボタンによるリモコンを備えている。

RHAでプロダクトデザインを手がけるKyle Hutchisons(カイル・ハッチソン)氏は、本機について「S500 Universalは、カナル型イヤホンの装着感に不満な方にも配慮されています。小さなイヤホンで素晴らしいサウンドと最大限の機能を確保するという課題に取り組み、本機がこれを実現すると感じています」と述べている。

周波数特性は16Hz〜22kHz、インピーダンスは16Ω、感度は100dB、質量は14g。

MA390 Universalは、カスタム設計されたAerophonicデザインが用いられ、素材にはこちらも6063アルミニウムを採用。ドライバーについては、本機のために新設計された130.8 ダイナミックドライバーを採用。没入感をもたらす臨場感に優れ、深みあるパワフルなサウンドが特徴としている。

こちらもケーブルにユニバーサル・マルチファンクションボタンのリモコンを搭載している。

周波数特性は16Hz〜22kHz、インピーダンスは16Ω、感度は89dB、質量は15g。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドRHA
  • 型番S500 Universal
  • 発売日2017年11月15日
  • 価格4800
【SPEC】●周波数特性:16Hz〜22kHz ●インピーダンス:16Ω ●感度:100dB ●質量:14g
  • ブランドRHA
  • 型番MA390 Universal
  • 発売日2017年11月15日
  • 価格3480
【SPEC】●周波数特性:16Hz〜22kHz ●インピーダンス:16Ω ●感度:89dB ●質量:15g

関連記事