ライブカメラなども搭載

東芝、北米でAlexa搭載「音声対話デバイス」発売。ホームIoTに注力

ファイルウェブ編集部
2017年09月25日
東芝映像ソリューション(株)は、北米市場に向け、2017年末頃を目途にAIと音声技術を活用した音声対話デバイス「TH-GW10」を発売すると発表した。また、同時期に新サービスも展開する予定。

「TH-GW10」

本機の展開においては、同社の技術やノウハウと、機械学習技術やAI技術を活用。AV機器や家電、多くのサービスとの連携など、ホームIoTのさまざまな商品やサービスを提供していくとしている。

TH-GW10は音声認識・発話・対話機能にAmazon Alexaを搭載。スピーカーも備えており、いわゆるスマートスピーカーとしても使えるが、そのほかにライブカメラやモーションセンサーも装備し、ホームセキュリティ、ホームオートメーション、危険予知、エナジーマネージメント、ヘルスケア、情報・コンテンツサービスなど多彩な用途に使用できる。このため同社では本機を「音声対話デバイス」と位置づけている。外形寸法は88mm×220mm×88mm。

また通信インターフェースはWi-Fi、Bluetooth、Zigbee、Z-Waveに対応。マイクもファートーク対応の高感度なものを搭載している。

音声対話デバイスの展開イメージ

同社ではこれまで、REGZAなどで「みるコレ」や「タイムシフトマシン」などを展開してきた。AI・音響技術・音声認識技術・IoTなどの要素技術に加え、家電やAV機器などホームIoTビジネスに不可欠な製品群やサービスを有していると主張している。

詳細は後ほど更新する。

関連記事