DSD再生対応/専用アプリを用意

Lotooの超小型DAP「PAW Pico JP Edition」は9月27日発売。23,000円

編集部:小澤貴信
2017年09月21日
トップウイングサイバーサウンドグループは、Lotooの超小型DAP「PAW Pico JP Edition」を9月27日より発売する。価格は23,000円(税抜)。

「PAW Pico JP Edition」

「PAW Pico」は2017年4月に開催された春のヘッドホン祭にて発表された超小型DAP(ポータブルプレーヤー)。今回、発売日と価格が正式に決定したかたちだ。

日本仕様モデルとなるPAW Pico JP Editionは、重さ26gという超小型サイズながらDSD再生(PCM変換)に対応。このサイズながら音質最優先の同社思想を貫徹するべくディスプレイを排除して省電力化し、Bluetoothおよび専用アプリでの操作や音声案内を充実させている。同社では「汎用OSを用いない音楽再生専用の組み込みOSを採用している点も高音質を確かなものにしている」と紹介している。

音楽再生はアプリと同期していなくてもスタンドアローンで可能となる。ヘッドホン出力は3.5mmステレオミニ端子を搭載している。

スポーツモードの実装も特徴。本体のファンクションボタンでスポーツモードを選択することで、スポーツモード専用に選曲したファイル再生および内蔵GPS/専用アプリと連携してのウォーキング/ジョギングの記録などが行える。

スポーツモードでは、内蔵GPSと連携して活動記録をアプリで記録することが可能だ

専用アプリは現時点でiOS版のみを容易。なお、Android版アプリも年内にリリース予定だという。

本機は日本仕様モデルであり、バッテリー残量やモード切替などの音声案内は全て日本語化されている。よってアプリなしでも容易にステータスが把握できるとのこと。

パッケージには、バッククリップ、アームベルト、USBケーブル、クイックガイドが同梱される。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルメモリーオーディオプレーヤー
  • ブランドLOTOO
  • 型番PAW Pico JP Edition
  • 発売日2017年9月27日
  • 価格23000
【SPEC】●対応サンプリングレート:PCM 192KHzまで、DSD 64(2.8MHz)〜128(5.6MHz) ●ヘッドホン出力:3.5mmステレオミニ端子 ●外形寸法:46W×12.6H×40.8Dmm ●質量:26g

関連記事