Android TVを手軽に体感できる

ピクセラ、4K/HDR対応のAndroid TV搭載STB「Smart Box」。14,800円

編集部:川田菜月
2017年09月20日
ピクセラは、Android TV搭載の4K対応STB「Smart Box」を10月6日に発売する。価格はオープンだが、14,800円前後での実売が想定される。

「Smart Box」

本機のコンセプトは「Android TVの良さを知って体感できるSTB」。同社では現行のAndroid TV搭載製品のネット接続率が低いことを挙げ、本機を使用することで手軽に大画面で豊富な無料動画を見たり、音声検索、Cast機能、ゲームなどAndroid TVの便利な機能を手軽に楽しんでもらいたいとしている。

付属リモコン

マイクボタンを押して話しかけると横断的に動画検索もできる

Android TV 7.0を搭載。ホーム画面はGoogle Playからアプリをダウンロードしてユーザー好みにカスタマイズできる。音声検索機能では、リモコンのマイクボタンを押して話しかけると、YouTubeやNetflix、Hulu、VideoMarketなど様々な動画アプリから横断的にキーワードに関連した動画検索が可能。

Bluetoothはver 4.2、Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n/acを搭載。スマホやPCの画面をワイヤレスにテレビの大画面に表示することもできる。キャスト機能では、クラウド上から直接コンテンツを取得・再生する仕組みを採用。スマホやタブレットで視聴した動画や音楽を表示したアプリから、キャストボタンを押すとスマホの画面をミラーリングして映し出すことも可能となる。

TVチューナー非搭載のモニターには、別売の同社製Windows向け録画チューナー“StationTV USB接続 テレビチューナー”「PIX-DT295」「PIX-DT295W」と合わせて接続することでスマートTVとして利用できる。

チップセットにはAmlogic製「S905D」を採用。ストレージは8GB、メモリーは2GB。動画フォーマットはH.265/HEVC 4K 60p、H.264、VC-1、MPEG-1/2/4、VP9に対応。音質面ではドルビーデジタル、ドルビーデジタルプラスにも対応する。

出力端子はHDMI2.0(HDCP2.2)×1、S/PDIF×1、USB2.0×1を装備。TVチューナーは非搭載となる。外形寸法は125W×28H×125Dmm(突起部除く)、質量は150g(本体のみ)。

各種端子部

USB端子は側面に装備

関連記事