ゲームAI研究開発事業を行う

「がんばれ森川君2号」の森川幸人氏、日本初のゲーム専用AI会社を設立

編集部:押野 由宇
2017年08月16日
日本初のゲーム専用AI会社として、本日8月16日付けで、モリカトロン株式会社が設立された。代表取締役はモリカトロンAI研究所所長の森川幸人氏、代表取締役社長にはモノビットの代表取締役社長でもある本城嘉太郎氏が就任。


森川幸人氏はPlayStationの初期からAIを積極的にゲームに取り入れたことでも知られており、代表作には「ジャンピングフラッシュ!」「がんばれ森川君2号」「ここ掘れ!プッカ」「アストロノーカ」などが挙げられる。ほか、AIを取り扱った著書の発刊や講演などでも多数の実績を持っている。

同社では、今後市場の急拡大が見込まれるAI(人工知能)領域にて、 特に需要が高まると考えられるゲーム分野に特化し、 20年以上に渡ってゲーム分野でAIを研究し続けてきた森川氏のノウハウや実績を活かして、 様々なゲーム向けAIのコンサルティングから設計、 開発、 運用までを請負うゲームAI研究開発事業を行うという。

具体的に同社が提供するゲームAIとして、キャラクターの自然会話を自動生成する「キャラクター会話AI」、キャラクターや武器、 アイテムのパラメータなどの最適な値を自動生成する「パラメータ、 バランス調整AI」、ゲーム全体を監視して、 敵の強弱、 出現率、 イベント発生などを制御し,ゲームバランスの自動調整を行う「メタAI」、ゲームフィールドの地形や草木などのオブジェクトを自動生成し、 適切に配置する「自動生成AI」が挙げられている。

社名の由来は、最初のAIのモデルと言われている「パーセプトロン」へのリスペクトと、 森川氏を中心にいずれオリジナルのAIを作りたいという思いから、 「モリカワ」+「パーセプトロン」で「モリカトロン株式会社」と名付けたとのこと。

森川氏は同社の設立にあたり、次のようにコメントしている。

「ゲームの世界に生きるキャラクターたちが、 人間のように考える頭と、 感じる心を持っていて、 まるで私たちの友達やペット、 家族や伴侶のように側にいて、 一緒に遊んでくれたら、 どんなに楽しいことでしょう。 あらかじめ決められた言葉や行動ではなく、 私たちが楽しい時にそれを感じて一緒に笑い、 悲しい時にはそれを知って励ましの言葉をかけてくれたり、 キャラクターと心を交わせたら、 どんなに嬉しいことでしょう。

そんな思いを実現してくれるのがゲームAIです。 ゲームAIは、 キャラクターに「こころ」を与えるだけなく、 ゲーム世界自身も創り出す能力があります。 まるでゲーム開発者のように、 ゲームを企画し、 プログラムし、 デザインする力さえ持っています。 目指すのは、 ゲームをもっと豊かに、 もっと楽しくしてくれる、 そんなワクワクするAIです。

我々は、 まだ見ぬ世界をわたしたちに見せてくれるだろうゲームAIのパワーに魅せられて、 是非、 このワクワクする体験をみなさんと共有したいと考え、 日本初のゲームに特化したAIの設計と開発をする会社を発足させました。 我が社の『モリカトロン』がこれから100年先も、 皆さんと共にあることを願って」

関連記事