Everio Rも展示

<IFA>JVCケンウッド、VRビジネス本格化へ。ヘッドホンやカーオーディオもアピール

編集部:小野佳希
2017年09月03日
別項でお伝えしているようにIFAにおいて新プロジェクターを発表したJVCケンウッド。あわせて同社ではVRビジネスに取り組んでいくことを示すデモや、ヘッドホンなど各種製品の展示を行っている。


ブースにはVRヘッドセットと同社製ヘッドホン、さらにサブウーファーを内蔵したタマゴ型の椅子を組み合わせたシステムを用意。スティッチングの無いシームレスな全周360度撮影が可能という「360° 4K60p一眼カメラシステム」で撮影したコンテンツを体験することができる。

VRデモのシステム。ヘッドセットは既存モデルにJVCロゴのシールを貼った程度のものだったが将来的にはさらなる高画素化などを図るという

VRヘッドセットはIDEALENS社と共同で開発を進めているというもの。将来的には両社で協力してさらに高性能なものにしたいという。なお、こうしたVR機器は製品単体で一般ユーザー向けに販売するというよりも、コンテンツの撮影・制作・流通まで含めたトータルソリューション提供を見据えているとのことだった。

そのほかブースには、JVC、ケンウッド両ブランドのカーオーディオ製品群、ヘッドホン各種、タフネスビデオカメラ“Everio R”などを展示。ヘッドホンは「HA-S90BN」やスポーツ向けヘッドホン「AE」、カラフルな「gumy」などのBluetooth機を中心に展示を展開していた。

防水・防塵・耐衝撃・対高低温度のクワッドプルーフであることをアピール

HA-S90BN

関連記事