JBLのヘッドホン・イヤホンも

<ヘッドホン祭>AKG「N40」「N30」に待望の純正MMCXリケーブル登場。15,000円程度

編集部:風間雄介
2017年04月29日
東京・中野のサンプラザ中野で4月29日・30日の2日間開催されている「春のヘッドホン祭2017」。本稿ではハーマンインターナショナルブースの模様をお伝えする。

AKGの出展内容で注目したいのは、「N40」「N30」向けの純正リケーブルが参考出展されたことだ。

「N40」「N30」向けの純正リケーブル

2.5mm4極のバランス対応モデルも

まだ正式発表前だが、5〜6月には発売になる見込み。2.5mmのバランス対応プラグと、3.5mmプラグの2種類を用意している。導体は6N OFCを採用し、長さは1.2m。価格は15,000円程度を見込む。

N40とN30はMMCXケーブルに対応しているが、特にN30は嵌合部が独特の形状で、市販のケーブルで使えないものが多かった。今回純正リケーブルが登場することで、バランス駆動DAPなどでの使用が行いやすくなる。

MMCXコネクター部

N30にもしっかりフィットする

そのほかAKGでは、おなじみのK812/872やN90Qなどのほか、新たなモニターヘッドホン「K92」「K72」「K52」も展示。多くのラインナップを実際に試すことが可能となっていた。

N40

Nシリーズが勢揃い


K812/K872ももちろん出展

新モデル「K92」の姿も


N90Qも目立っていた

JBLブランドでは、最上位モデル「EVEREST ELITE E700」はもちろん、最近登場し早くも人気となっている「E」シリーズのヘッドホン「E55BT」「E45BT」「E35BT」を展示していた。

JBLのワイヤレスヘッドホンも人気だった

さらにイヤホンについても、ワイヤレスモデルを中心にした展示を行っていた。特にE25BTは、6,000円を切る価格で高品位なサウンドが楽しめるBluetoothイヤホンとして人気を博しているとのことだった。

JBLの人気Bluetoothイヤホン「E25BT」

関連記事