インストーラーや上級ユーザー向け

デノン/マランツ AVアンプの「Audyssey MultEQ」をさらに精密に調整できるアプリ。2,400円

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:小澤貴信
2017年04月04日
ディーアンドエムホールディングスは、デノンやマランツのAVアンプが搭載する音場補正機能「Audyssey MultEQ」の詳細な調整が行えるスマホ/タブレット用アプリ、「Audyssey MultEQ Editor」を4月4日から発売する。価格は2,400円(税抜)。

「Audyssey MultEQ Editor」のイメージ

アプリはiOS向けおよびAndroid向けを用意。それぞれApp StoreおよびGoogle Play Storeから購入できる。

Audyssey MultEQ Editorは、AVアンプ単体では設定できない詳細な調整項目を用意。部屋に起因する音響的な問題に対してさらに精密なカスタマイズが可能になるという。同社では、「インストーラーやホームシアターのエキスパートがこのアプリを使うことによってAudyssey MultEQの能力を最大限に引き出すことができる」と紹介している。

本アプリで使用可能な機能の一覧

距離補正をアプリから設定可能


補正カーブのエディットに対応

補正前と補正後の波形を比較することもできる

なお、本アプリが対応するAVアンプは、デノンがAVR-X6300H/AVR-X4300H/AVR-X2300W/AVR-X1300W、マランツがNR1607となる。

主な機能は以下の通りとなる。

・スピーカー検出結果の表示と編集(スピーカータイプ、距離、レベル)
・Audyssey MultEQによるルーム補正前後の周波数特性の比較(チャンネルごと)
・Audyssey MultEQターゲットカーブの編集(チャンネル・ペアごと)
・Audyssey MultEQ適用周波数の設定(チャンネル・ペアごと)
・高域周波数ロールオフ特性の設定(2種類)
・中音域の補正のオン/オフ(明るいサウンド、スムーズなサウンドを切替、チャンネル・ペアごと)
・補正・編集結果の保存と、保存した結果の読み込み

関連リンク

関連記事