特許技術HDSSを搭載

上海問屋、360度全方向から音が聴こえる3Dイヤホン。ダイナミックドライバー6基搭載

編集部:押野 由宇
2017年02月17日
上海問屋は、6基のダイナミックドライバと特許技術「HDSS」の搭載により、360度全方向から音が聴こえる立体サラウンドを体感できるという3Dイヤホン「DN-914559」を発売する。価格は3,999円(税込)。

「DN-914559」

低コストで飛躍的に音質を向上させることが可能な技術として米国で特許を取得したHDSS(High Definition Sound Standard)技術を搭載。映画鑑賞やゲーム、VRコンテンツのほか、ボーカルやギターなど演奏者が動き回るライブ映像で使用すると、より臨場感のあるサウンドが楽しめるという。

サウンドイメージ

ハウジングは木製で、ユニットは片側9mm+6mm×2の合計6ドライバー構成。再生周波数帯域は20Hz〜20kHzで、感度は98dB。インピーダンスは64Ω±15%。ケーブル長は約1.2mで、端子は3.5mm3極ミニプラグを採用する。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドDOSPARA
  • 型番DN-914559
  • 発売日2017年2月17日
  • 価格¥3,999(税込)
【SPEC】●ハウジング:木製 ●ドライバーユニット:ダイナミック 片側9mm+6mm×2 ●再生周波数帯域:20Hz〜20kHz ●感度:98dB(±3dB) ●インピーダンス:64Ω±15% ●接続プラグ:3.5mm3極ミニプラグ ●ケーブル長:約1.2m  

関連記事