Donguri最新モデルの試験販売も

音茶楽、イヤホン「Flat4-欅」に5極4.4mmバランスモデル。ポタ研で先行販売

編集部:押野 由宇
2017年02月10日
音茶楽は、オークヴィレッジの技術コラボにより開発された「Flat4-欅」シリーズのφ4.4mmバランス対応モデルとして、「Flat4-欅Balance(KEYAKI Balance)」と「Flat4-緋欅Balance (AKAKEYAKI Balance )」を発売する。2月18日開催のポータブルオーディオ研究会の同社ブースにて各2台、2月24日にフジヤエービックにて各5台が先行販売される。本発売は3月以降を予定。価格はオープンだが、95,000円前後での実売が予想される。

Flat4-欅Balance

Flat4-緋欅Balance

Flat4-欅BalanceとFlat4-緋欅Balanceは、音茶楽とオークヴィレッジのコラボーレーションシリーズである「Flat4-欅Plus」「Flat4-緋欅Plus」のプラグ部に、日本ディックス社製Pentaconnφ4.4mm 5極プラグを採用したバランス対応モデル。「秋のヘッドホン祭り2016」(関連ニュース)で出展されていたものが、正式に発売される形となる。

センターキャビネットは削り出しの欅無垢材を採用、生漆拭き漆仕上げ。特許技術ツイン・イコライズド・エレメント方式を採用し、音質劣化の原因とされる6kHz付近の共振を抑えている。2モデルは弐型塗装位相補正チューブの長さが異なり、ユーザーの外耳道の長さに合わせて選択できる。また、バランス接続によって、欅特有の美しい響きがより一層際立つとしている。

ボイスコイルに特殊CCAW線を採用し、最大入力は400mW。磁気回路には最大エネルギー積400KJ/m3(50MGOe)の高磁力ネオジムマグネット、銅メッキ電磁純鉄プレート&ヨークを採用。出力音圧レベルは104dBSPL/mWで、周波数特性は3.5Hz〜45kHz。コンプライイヤーチップのほか、シリコン製イヤーチップSpinFitが付属する。

また、2月18日のポータブルオーディオ研究会では、「Donguri-欅TiPlus」のバリエーションモデル「Donguri-欅Ti Plus Dual(KEYAKI Ti Plus Dual)」が試験販売される。価格はオープンで、予想実売価格は52,500円前後。以降、音茶楽店舗での試験販売が継続される予定。

Donguri-欅Ti Plus Dual

Donguri-欅TiPlusをベースに、イヤホン史上初となるトルネード・イコライザー2基を搭載。このDualトルネード・イコライザーにより、オリジナルモデルに比べ、3kHz〜12kHzの帯域の音圧を抑え、より聴きやすい中音域、低音域から超高音域までスムーズなつながりの周波数特性を実現しているという。

Donguri-欅Ti Plus Dualの技術構

関連リンク

関連記事