下位モデル「HT-MT300」も用意

ソニー、ソファ下にも置けるコンパクトなサブウーファーを採用した2.1chサウンドバー「HT-MT500」

編集部:川田菜月
2017年01月25日
ソニーは、スリム&コンパクト設計でソファ下にも置けるサブウーファーがセットになった2.1chサウンドバー「HT-MT500」「HT-MT300」を3月11日から発売する。価格はオープンだが、HT-MT500が70,000円前後、HT-MT300が33,000円前後での実売が予想される。

「HT-MT500」のサウンドバー部

「HT-MT500」のサブウーファー部

本機は、2017 International CESの会場で発表された、サウンドバー本体とワイヤレスサブウーファーからなる2.1ch構成のホームシアターシステム(関連ニュース)。

ハイレゾ対応&Wi-Fi機能搭載の「HT-MT500」

インテリアと合わせやすい2色展開の「HT-MT300」

シアターシステム製品の中でも、一本型のサウンドバーを導入するユーザーが増えており、よりコンパクトで設置しやすいモデルが人気を高めているという。そうした背景から、高音質とサイズや設置性の両立をコンセプトに新しい価値を持つ製品として開発されたとのこと。

特徴として、ソファの下にサブウーファーを隠して設置する際の音声モード“ソファーモード”を装備している。モードをONにすると、自動でバースピーカーとの音ズレ補正およびクッションに吸音されやすい帯域を補正して最適化するとのこと。

ソファの下にサブウーファーを隠して設置

モードのON/OFFは、HT-MT500は設定画面もしくはスマートフォンアプリ「SongPal」から、HT-MT300はリモコンのボイスボタンを5秒長押しすることで操作可能。

HT-MT500は設定画面からソファモードのON/OFFが可能。HT-MT300はリモコンからの操作となる


左がHT-MT300のリモコン、右がHT-MT500のリモコン

サブウーファーは縦/横置きに対応し、自由な設置が可能。横置き時には高さ約95mmと、ソファ下に設置しやすい高さ100mm以下の薄さを実現している。高さ100mmというのは家具下収納に多いサイズで、同社が調べたところによると約2/3のソファは脚の高さが100mm以上だという。また自動掃除ロボットのルンバも高さは92mmと100mm以下で設計されており、そうした家具の視点から設置性の向上を図り設計が施されている。

ソファ下に設置しやすい高さ100mm以下の薄さを実現

外観はインテリアのトレンドを取り入れた曲線デザインを採用し、家具と合わせやすさを意識したという。HT-MT500は天板に合皮加工を施してレザー質感を演出。HT-MT300はしぼ化工を施し、どちらも高級感ある仕上げになっている。

カラーもインテリアの流行であるアーストーンを意識した柔らかい印象の中間色を採用。HT-MT300はチャコールブラックとクリームホワイトの2色をラインナップ。HT-MT500は一色のみでカラー名はないが、チャコールブラックと同じカラーを採用する。

HT-MT300はクリームホワイトも用意されており、よりインテリアに合わせやすい

HT-MT500は合皮加工が施される

音質は、テレビ視聴の際に人の声を画面中央から定位させることに注力したのこと。音の厚み、拡がりを意識したチューニングが施され、HT-MT300の価格帯でもこだわった音作りを行ったという。またHT-MT500はハイレゾ対応により解像感の向上も図っている。

また、両機とも裏面には外側に2つ/内側に1つの硬さを変えたゴム足を左右それぞれに3つずつ配置。内側を柔らかくクッション性を持たせることで、設置時に比較的まっすぐ平行に置くことができるとしている。

合計6つのゴム足を配置

内側に配置した柔らかめのゴム足により、比較的平行な設置を可能にする

HT-MT500はWi-Fi機能を搭載したハイレゾ対応の上位モデルで、Spotify ConnectやChromecast built-inに対応。バースピーカーの上部に装備したミュージックサービスボタンからSpotifyに接続したり、ワイヤレスにGoogle Cast対応の音楽サービスを楽しむことができる。Bluetoothの対応コーデックはSBC/LDAC/AAC、総合出力は145W。

HT-MT500

Wi-Fi機能を搭載する

バースピーカーは高磁力ネオジウムマグネットと発泡マイカ振動板を採用した、独自開発の広指向角のフルレンジスピーカーを搭載。基盤を2重構造にすることでスリム化を図っている。サブウーファーには強度の高い音響用MDF素材を採用し、薄型ながら160mmと大口径のスピーカーユニットを搭載し、迫力ある深い重低音を実現するとのこと。フロントグリルはマグネット式で着脱可能。

また「S-Force PRO フロントサラウンド」や「ワイヤレスサラウンド」など、同社独自のサラウンド技術を搭載し、コンパクトながらサイズを超える臨場感を提供するとしている。

背面部にはHDMI出力端子を装備。付属のHDMIケーブルは取り回しのしやすさを考慮し、バースピーカー側の端子部をL字型を採用する。CEC連動対応で、テレビのリモコンで電源ON/OFF、ボリューム連動が可能となる。

HT-MT500の背面端子部

HT-MT300はWi-Fi機能などを省いた普及機。Bluetooth/NFC対応で、対応コーデックはSBCのみ。総合出力は100Wとなる。なお、ハイレゾや「ワイヤレスサラウンド」には対応していない。

HT-MT300

光端子/ステレオミニ端子を装備し、上位機同様ケーブルの取り回しやすさを考慮してバースピーカーの背面端子部は斜めに設置している。付属品には光ケーブルを同梱。なお、HDMI端子は非搭載となる。

端子部は斜めに設置し、ケーブルの取り回しやすさを向上

バースピーカーの外形寸法/質量は、HT-MT500が500W×64H×110Dmm/2.0kg、HT-MT300が500W×54H×103Dmm/1.4kg。サブウーファーの外形寸法(縦置き時)/質量は、HT-MT500が95W×383H×380Dmm/6.6kg、HT-MT300が95W×383H×365Dmm/4.9kg。

新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドSONY
  • 型番HT-MT500
  • 発売日2017年3月11日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格70,000円前後)
【SPEC】●実用最大出力:145W(フロント…30W+30W、サブウーファー…85W) ●使用ユニット:フロント…フルレンジ:アコースティックサスペンション型、45mmコーン型、サブウーファー…ワイヤレスサブウーファー(5.2GHz),バスレフ型,160mmコーン型 ●入出力端子:HDMI出力1、光デジタル音声入力×1、ステレオミニ×1、USB ●Bluetooth対応コーデック:LDAC/SBC/AAC ●消費電力:バースピーカー約30W(約0.5W以下)、サブウーファー:約20W(約0.5W以下) ●外形寸法:バースピーカー約500W×64H×110Dmm(グリル装着時)、サブウーファー約95W×383H×110Dmm ●質量:バースピーカー約2.0kgサブウーファー6.6kg
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドSONY
  • 型番HT-MT300
  • 発売日2017年3月11日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格33,000円前後)
【SPEC】●実用最大出力:100W(フロント…25W+25W、サブウーファー…50W) ●使用ユニット:フロント…フルレンジ:アコースティックサスペンション型、40mm×100mmコーン型、サブウーファー…ワイヤレスサブウーファー(2.4GHz),バスレフ型,120mmコーン型 ●入出力端子:光デジタル音声入力×1、ステレオミニ×1、USB ●Bluetooth対応コーデック:SBC ●消費電力:バースピーカー約25W(約0.5W以下)、サブウーファー:約20W(約0.5W以下) ●外形寸法:バースピーカー約500W×54H×103Dmm(突起部除く)、サブウーファー約95W×383H×365Dmm(突起部除く) ●質量:バースピーカー約1.4kgサブウーファー4.9kg

関連記事