ハイブリッド型ドライバー採用

n+um、特許技術VST搭載のハイレゾ対応イヤホン「NUM-E1000」

編集部:川田菜月
2017年01月11日
(株)ネディアは、自社ブランド『n+um』(エニューム)よりハイレゾ対応イヤホン「NUM-E1000」を1月20日から発売する。1000個限定生産で、価格は48,000円(税抜)。

NUM-E1000

ネディアはIT事業を手掛けてきた企業で、新たに「ものづくり」ブランドとして『n+um』を設立。「聞く喜び」と「持つ喜び」の両方を満たすことをコンセプトに本製品を開発したという。

内部はφ10mmダイナミックドライバーとVST(Vertical Support Tweeter)を搭載したハイブリッド型。VSTは、圧電デバイスの研究開発を行うオーツェイド(株)の特許技術。積層型セラミックにより高音圧を実現したサウンドユニットを、高剛性ニッケル合金振動板と組み合わせ、振動板を垂直方向に一体支持することで、高解像度の高域出力を実現するとしている。

筐体素材には高剛性ステンレスを採用し、ユニットに発生する振動を抑制。内部にウーファーとトゥイーターを縦列に配置し、音圧再生のバラつきを低減するとしている。また、外側には微細なロレット溝を施すことで、剛性をより高めつつ高級感あるデザインに仕上げたとのこと。

再生周波数帯域は10Hz〜50kHz、感度は100dB以上(10mW/1kHz)、インピーダンスは17Ω。

無酸素銅を使用した長さ120cmのケーブルを採用。プラグ部は3.5mmステレオミニL字プラグを装備。イヤーチップはS/M/Lを用意する。

【問い合わせ先】
(株)ネディア イヤホン事業部
TEL/027-210-5403

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドn+um
  • 型番NUM-E1000
  • 発売日2017年1月20日
  • 価格¥48,000(税抜)
【SPEC】●ドライバーユニット:ハイブリッド型(φ10mmダイナミック型+VST) ●再生周波数:10Hz〜50kHz ●感度:100dB以上(10mW/1kHz) ●インピーダンス:17Ω ●プラグ:3.5mmL字ステレオ ●ケーブル長:120cm(無酸素銅使用)

関連記事