耐摩耗性に優れ筐体品質を保つ

Campfire Audio、セラミックコーティング仕上げのBA2基イヤホン「NOVA CK」

編集部:川田菜月
2016年11月29日
ミックスウェーブ(株)は、同社が取り扱うCampfire Audioより、筐体にセラミックコーティング仕上げを施したイヤホン「NOVA CK」を11月30日から発売する。価格はオープンだが、59,100円前後での実売が予想される。

「NOVA CK」

フルレンジのBAドライバーを2基搭載するイヤホンで、アルミニウムの筐体にアルマイト加工を施したモデル「NOVA」(関連ニュース)に対し、本機はセラミックコーディングを施したモデル。音質は、バランスの良い豊かなサウンドを目指したとしている。

セラミックコーティングは塗膜硬度が高く、耐摩耗性に優れるとされており、筐体の品質をより保つとのこと。モデル名の後ろにつく「CK」は、「Cerakote(セラミック複合コーティング)」を指している。

筐体にはCNC加工を施した航空機グレードのアルミニウム無垢材を使用。振動を低減し、音響性能の向上を図っている。

長さ約120cmのALO audio製ケーブルを採用、入力端子は3.5mmステレオミニ。プラグ部にはベリリウム銅加工が施されたMMCX端子を装備し、より安定した接続を可能にするとしている。

ベリリウム銅加工により高強度なMMCX端子を装備

周波数特性は10Hz〜19kHz、感度は114dB、インピーダンスは22Ωとなる。付属品には、シリコン/フォーム/SpinFitの3種類のイヤーチップ、クリーニングツール、キャリングケースを用意する。

内部はクッションのようになったオリジナルケース
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドCAMPFIRE AUDIO
  • 型番NOVA CK
  • 発売日2016年11月30日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格59,100円前後)
【SPEC】●ドライバー:フルレンジBAドライバー×2 ●ケーブル長:約120cm ●プラグ:3.5mmステレオミニ ●周波数特性:10Hz〜19kHz ●感度:114dB ●インピーダンス:22Ω

関連記事