HOME > ニュース > パナソニック、コントラスト100万対1以上の新型IPS液晶パネル開発。画素毎にバックライト光量制御

プロ向けHDRモニターにも

パナソニック、コントラスト100万対1以上の新型IPS液晶パネル開発。画素毎にバックライト光量制御

2016/11/28 編集部:小澤 麻実
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
パナソニック液晶ディスプレイは、従来比600倍となるコントラスト100万対1以上を実現する新型IPS液晶パネルを開発したと発表した。放送局などプロ向けHDR対応モニターや、医療用・車載用モニターなどBtoB向けの展開を予定。2017年1月からサンプル出荷を開始する。


パナソニックのIPS液晶技術をベースに、画素ごとにバックライト光量を制御できる新開発の調光セルを内蔵。調光セルには表示セルとは光透過特性が異なる液晶材料を使用し、それぞれを独立制御している。これにより光漏れを大幅に抑制し、きめ細かな階調表現を実現。コントラスト比も100万対1とした。

従来の液晶パネルとの比較図

表示セルと調光セルの透過率を高めていること、かつ高輝度バックライトを採用していることにより、最大輝度1,000cd/m2、最小輝度0.001cd/m2を実現。調光セルは強い光を受けても長期間安定動作するつくりとなっているとのこと。

新型IPS液晶パネルは従来の製造装置をそのまま使えるため、多様な用途に対応する画面サイズのパネルを製造可能という。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE