ルーター機能利用時に

アイ・オーのWi-Fiストレージ「WFS-SR01」、セキュリティの脆弱性で注意を呼びかけ

編集部:押野 由宇
2016年11月02日
アイ・オー・データ機器は、同社が2013年9月より発売しているWi-Fiストレージ「WFS-SR01」について、セキュリティの脆弱性が確認されたことを発表した。

「WFS-SR01」

WFS-SR01のポケットルーター機能を利用の際に、セキュリティの脆弱性があるというもので、遠隔の第三者によって当該機器上で任意のコマンドを実行される可能性や、挿入されたSDカード等へ不正にアクセスされる可能性があるとしている。

本件についてはファームウェア・アップデートによる対策を予定しており、準備ができ次第、ダウンロード方法などを案内するとしている。そのため同社では、ファームウェア・アップデートまでの間は、ポケットルーター機能を利用しないよう注意を呼びかけている。

なお、スマートフォンやタブレットと、WFS-SR01をWi-Fiで直接接続して利用する場合や、モバイルバッテリーとして利用する場合は、この脆弱性による影響は無いとのこと。

【問い合わせ先】
アイ・オー・データ機器サポートセンター
TEL/050-3116-3017

関連リンク

関連記事