HOME > ニュース > PHILIPS、“心地良いフィット感”を追求したネックバンド型Bluetoothイヤホン「SHB5950」

耳のエルゴノミクスに配慮したデザイン

PHILIPS、“心地良いフィット感”を追求したネックバンド型Bluetoothイヤホン「SHB5950」

2016/10/20 編集部:伊藤 麻衣
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
オンキヨー&パイオニアイノベーションズ(株)は、同社が取り扱うPHILIPSブランドより、ネックバンドタイプのBluetoothイヤホン「SHB5950」を10月下旬に発売する。価格はオープンだが、13,000円前後での実売が予想される。カラーはブラック/ホワイトの2色展開。

SHB5950(左からブラック、ホワイト)

本機は、筐体サイズを小型化することで“心地良いフィット感”を追求したBluetoothイヤホン。ネックバンドの材質にはソフトラバーを使用し、長時間の使用でもストレスを感じにくいよう配慮。さらに、人間の外耳道の形状にフィットする“オーバルサウンドチューブ”を採用。耳のエルゴノミクスに配慮したデザインにより、快適な装着感と迫力のあるビートの両立を実現したという。

筐体はシャイニーコーティングを施すことで、傷つきにくくしているという。その内部には、強磁力マグネットを採用した8mm口径のドライバーを搭載。再生周波数帯域は、10Hz〜21kHzをカバーする。

Bluetooth規格は、バージョン4.1に準拠。プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSPをサポート。対応コーデックはSBCのみ。

ケーブルはフラットタイプを採用し、タッチノイズなどのケーブルストレスを抑制を図っている。また、絡みにくさも備えており、アウトドアでの使用にも最適とのこと。

ネックバンド部に操作ボタンを備えており、音楽再生・停止・スキップ・音量調節や、ハンズフリー通話にも対応。約2時間の充電で、最大7時間の連続再生・通話が可能となっている。

また、ペアリングしたスマートフォンに本機のバッテリー残量を表示する機能も備えており、おおよその状態がチェックできる。

出力音圧レベルは107dB、インピーダンスは16Ω、質量は30g。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
製品スペックやデータを見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドPHILIPS
  • 型番SHB5950
  • 発売日2016年10月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格13,000円前後)