キャサリン・ジェンキンス、村治佳織ら出演

ヘッドホンを使うとHPL 22.2ch立体音響で見られるテレビ番組、10月9日(日)放送

編集部:小野佳希
2016年10月04日
ヘッドホンで聴くと22.2chで収録された音声をバイノーラル変換技術「HPL」で2ch音声に変換した立体音響を楽しめるテレビ番組「萬福寺音舞台」が、10月9日(日)深夜0時30分からMBS・TBS系全国ネットで放送される。


京都・奈良の名刹で一夜限りの音楽パフォーマンスを行う企画『音舞台』の模様を放送する番組。9月3日(土)京都・宇治にある萬福寺で行われたステージを放送する。出演はメゾソプラノ歌手のキャサリン・ジェンキンス、クラシックギタリストの村治佳織、そして、中国が世界に誇るダンサー、ヤン・リーピンの後継者のヤン・ウー。

副音声では、22.2chで収録した音源をアコースティックフィールドのHPL技術によって2chバイノーラル化した音声を放送。ヘッドホン/イヤホンを使って番組を見ると、22.2chの3Dサラウンドを楽しむことができる。なおHPLを地上波でのテレビ放送は、世界初の試みとなる。

関連記事