全体がマットブラック仕上げ

ソニー、人気ヘッドホンの限定モデル「MDR-1A Limited Edition」

編集部:風間雄介
2016年10月04日
ソニーは、ヘッドホン「MDR-1A Limited Edition」を10月29日に発売する。価格はオープンだが33,000円前後での販売が予想される。

MDR-1A Limited Edition

名称の通り、MDR-1Aをベースにした特別仕様モデル。グローバルでの台数限定販売となり、国内では2,900台限定で販売する。なお「MDR-1A」は販売を継続する。
※記事初出時、限定数は非公開と記載していましたがその後ソニーが方針を転換し限定数を公表したため内容を修正しました。

MDR-1A Limited Editionは、特別調色したマットブラック色でヘッドホン全体を統一。ハウジングは蒸着によるブラックで、ハウジングオーナメントはアルマイトをマットブラック仕上げした。

さらにスライダーもより黒くし、スライダーオーナメントも蒸着のダークブラック仕上げとした。さらにソニーロゴも、ダイヤカット+Wアルマイト仕上げ。またケーブルグリップもアルマイトのマットブラックを採用した。

スライダーもより黒くした

さらにイヤーパッドとヘッドクッションには、新たに吸放湿性に優れた合皮を採用。素材は変えたが、MDR-1Aと音質が変わらないよう調整したという。

イヤーパッド

キャリングポーチについても、MDR-1Aのものとは異なるオリジナルデザインのものを同梱。側面にエンボスを追加したほか、表面のソニーロゴにもエンボスを追加した。さらに表面の質感も変更。またコードストッパーも加えた。

密閉ダイナミック型ヘッドホンで、ドライバーユニットは40mmドーム型。再生周波数帯域は3Hz〜100kHz、質量は約225g。通常のヘッドホンケーブルとマイク/リモコン付きヘッドホンケーブル、キャリングポーチを同梱する。

関連記事