コンパクトな外付けバッテリーで駆動可能

Jaybird、“世界最小クラス”のスポーツ向けBluetoothイヤホン「Freedom Wireless」

編集部:小澤貴信
2016年09月01日
ロジクールは、Jaybirdブランドのスポーツタイプ・Bluetoothイヤホン「Jaybird Freedom Wireless」を9月15日より発売する。価格はオープンだが、直販サイトでは19,880円(税抜)で発売される。


Jaybirdは2006年に設立された米国のメーカーで、スポーツに特化したBluetoothイヤホンを手がけている。今年4月には、Ultimate Earsブランドを擁するLogitech InternationalがこのJaybirdを買収。今回のJaybird Freedom Wirelessが、日本国内でロジクールが取り扱う最初のJaybird製品となる。

今回のJaybird Freedom Wirelessでは、スポーツシーンを考慮したフィット感、防汗性能、快適性を実現したと同社は説明。サウンドパフォーマンスを損なうことなく、ハウジングのサイズを大幅に小型化し、あらゆる耳の形に対して快適にフィットするデザイン、よび“世界最小クラス”の筐体を実現できたという。カラーはGold/Ocean/Blaze/Carbon/Blush/Spaceの6色を用意する。

「Jaybird FreeDom Wireless」(Gold)

ハウジングはインジェクションモールドによるメタルパーツで構成。全メタルのハウジングとすることで高級感を演出しつつ、音質面でも歪みの軽減の寄与。高品位なサウンドも実現した。

ハウジング部

6mm径のダイナミック型ドライバーをシングルで搭載する。再生周波数は20Hz〜20kHz。

本機はオーバーイヤー(耳かけ)、アンダーイヤーの両方の装着に対応したユニバーサル仕様としており、好みやシーンに合わせて使い分けることができる。

本機はバッテリーをコンパクトなリモコン部に内蔵。イヤホン本体のみで4時間の再生が可能となる。さらにはこのリモコン部に付属のチャージンググリップ(コンパクトな外付けバッテリー/充電器)を接続することでさらに4時間、合計8時間の再生が行える。

本機のリモコンとチャージンググリップ


My Soundアプリを用意することも特徴、本機のサウンドをイコライジングできることに加え、イヤホン本体にイコライジング設定を記憶させることが可能。アプリを立ち上げることなく、好みのサウンドで音楽を聴くことができる。

同梱のアクセサリーも充実。イヤーチップは、シリコン製チップが3サイズ(S、M、L)、Cmply低反発ポリウレタンフォーム製チップが3サイズ(S、M、L)、ハウジングを耳に固定するイヤーフィンが3サイズ(S、M、L)同梱される。その他、キャリングケース、コード管理クリップ、コードシャツクリップ、キャリングケースなどが付属する

充電はチャージンググリップを取り付けた状態で、USB経由で行う。フル充電までの所要時間は約2.5時間。Bluetoothはver4.1で、マルチポイントに対応する。ケーブル長は360mm、本体重量は13.8g。

関連記事