5時間連続再生対応

B&O PLAY初のワイヤレスイヤホン「Beoplay H5」。アプリで音質調整も

編集部:風間雄介
2016年07月05日
完実電気は、B&O PLAY初のワイヤレスイヤホン「Beoplay H5」を7月下旬に発売する。価格は29,900円。ブラックとローズの2色を用意している。デザインはヤコブ・ワグナー氏が手がけた。

「Beoplay H5」


Bluetooth 4.2に対応したワイヤレスイヤホンで、φ6.4mmのダイナミック型ドライバーを搭載した。内蔵バッテリーは100mAhで、最大5時間の連続再生が可能。ハウジングはテクスチャー素材のゴムとポリマーで作られており、汚れや汗からメカ部を保護するとのこと。

「Beoplay H5」(ブラック)

使用イメージ

ハウジングにはマグネットが備えられており、「H5」を無理なく首にかけることが可能だ。ハウジング同士を合わせると自動的に電源が切れる仕組みとなっているため、バッテリーの消耗も抑えられるとしている。充電は同梱のマグネット式チャージングキューブでかんたんに行える。

チャージングキューブにセットしたところ。マグネット式で、イヤホンをくっつけて充電する


ハウジングにはマグネットが備えられており、首にかけた際も外れず便利
また幅広い範囲でチューニングできるDSPを搭載。アプリを使って音質を調整できる。それぞれの設定は、サウンドエンジニアが、聴いていて疲労感の無いオールラウンドなサウンドを目指して開発したという。

アプリ「Beoplay App」(Android/iPhone/AppleWatch向け)を使って、楽曲にあった最適なサウンドに調整することも可能。「通勤」「運動」「ポッドキャスト」「クリア」などのプリセットを選択することはもちろん、「WARM」「EXCITED」「RELAXED」「BRIGHT」の四象限のなかでポインターの位置と大きさをタッチ操作で動かしてイコライジングの効き具合を調整できる、遊び心ある設計となっている。iOS版アプリはこのユーザープリセットを保存する機能も備えている。

アプリで音質調整も可能。「通勤」「運動」などのプリセットを用意


タッチ操作でイコライジングできる「B&O PLAY Tone Touch」も用意。ピンチイン/アウトでイコライジングの効き具合を変えられる
さらにこちらのアプリではイヤホンの電池残量をかんたんに確認できるほか、再生や一時停止、送り/戻しもコントロールできる。

イヤーチップは、コンプライの「Comply Sport」を3サイズ、レギュラータイプのシリコンチップを4サイズ、計7種類を同梱している。

イヤーチップは計7種類を同梱

発表会で説明を行った同社グローバル・プロダクトマネージャーのソフィー・H・キルドセン氏は「H5は単なるスポーツイヤホンではない、日常使えるモデル。デザイナーのヤコブ・ワグナーも『H5はスニーカーに似ている。走らない人でも、日常的にファッションとして身につけるでしょ?』と話している。ケーブル部はスニーカーの紐にインスピレーションを得たデザイン」と紹介していた。

ソフィー・H・キルドセン氏
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドB&O PLAY
  • 型番Beoplay H5
  • 発売日2016年7月下旬
  • 価格¥29,900
【SPEC】●ドライバー:φ6.4mmダイナミック型 ●Bluetoothバージョン:Ver.4.2 ●連続再生時間:最大5時間

関連記事