10月国内発売

RHAからハイレゾ対応イヤホン2機種。セラミック筐体の「CL1 Ceramic」とステンレスの「CL750」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:風間雄介
2016年08月26日
ナイコムは、英RHAのイヤホン新モデル2機種「CL1 Ceramic」「CL750」を10月に発売する。どちらも、同時発表のポータブルヘッドホンアンプ「Dacamp L1」での使用を想定し、最適化している。なお、これら2機種は9月2日からベルリンで開催されるIFA2016で披露される。

CL1 Ceramic

CL750

「CL1 Ceramic」

「CL1 Ceramic」は47,800円前後での販売が予想される。

RHAとして初めてセラミックハウジングを採用。セラミックは射出成形による高密度ジルコニアセラミックとなる。ケーブルは着脱可能で、コネクターはsMMCX。

リケーブルに対応

ドライバーは、低域・中域を受け持つダイナミックドライバーと、高域を担当するセラミックプレートドライバーの「デュアルトランスデューサー」構成を採用している。

ケーブルは耳掛け対応で、4ピン ミニXLRの編組シルバーコア(Ag4x)ケーブルと、編組OFCケーブルの2種類を付属する。

そのほか、11ペアのイヤーチップを同梱し、これにはコンプライも含まれる。衣服に装着するためのクリップやプロテクターケース、クリーニングクロスも同梱している。

「CL750」

CL750はダイナミック型のイヤホンで、予想実売価格は15,800円。ハウジングはステンレススチールで、「Aerophonic」デザインという名称が付けられている。

CL750

ドライバーは45kHzまでの高域をカバーし、ハイレゾ認証も取得。ケーブルはOFC編組で、着脱式ではない。

プラグ部

本機もコンプライを含む11ペアのイヤーチップ、衣服クリップ、プロテクターケースを付属する。

関連リンク

関連記事