HOME > ニュース > 国内初のUltra HD Blu-rayソフト『4K 夜景』3月26日発売。パナソニックの技術協力のもと制作

4K/HDR収録。価格は6,000円

国内初のUltra HD Blu-rayソフト『4K 夜景』3月26日発売。パナソニックの技術協力のもと制作

2016/03/09 編集部:伊藤 麻衣
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ビコム(株)は、国内初のUltra HD Blu-rayソフト『4K 夜景』を3月26日に発売する。価格は6,000円(税抜)。現在予約の受付を開始している。

Ultra HD Blu-ray HDRソフト『4K 夜景』

『4K 夜景』は、国内初となるUHD-BD作品で、4K/HDR映像を収録している。撮影はパナソニックの4K対応カムコーダー「VARICA M35」や映像技術の協力を得て行われ、函館/横浜/東京/神戸/長崎の夜景を収録。映像はすべて4K撮り下ろしとなっている。

同社は「夜景はもちろんのこと、昼間の風景や夕景においてもこれまでのブルーレイでは味わえなかった臨場感あふれるHDR効果を堪能できる」とアピールする。

UHD-BDは、「4K/60p/10bit」といった4K映像フォーマットと、「HDR」(High Dynamic Range)と呼ばれる映像の輝度方向の拡張、BT.2020の色空間の採用、国内の4K放送でも採用されているHEVCコーデックの採用、最大100Mbpsのビットレートといった仕様の次世代ブルーレイ。国内では再生機器としてパナソニック「DMR-UBZ1」が発売されている。

直近では、ソニーPCLとソニーDADCジャパンが、4K UHD BD規格ソフトの制作・製造開始を発表している(関連ニュース)。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク