移動や作業をしながらの個人認証が可能

NEC、音による生体認証技術を開発。個人の耳穴形状を反響で瞬時に識別

編集部:伊藤 麻衣
2016年03月07日
NECは、長岡技術科学大学と協力し、人によって異なる耳穴の形状を音で識別することによる生体認証技術を開発した。

本技術は、装着したマイク一体型イヤホンのスピーカから数100ミリ秒の音響信号を出力し、耳の中で反響した音をマイクで受信。耳の各部のサイズや形状によって変わる音の響き(音響特性)を瞬時(1秒以内)に測定することで個人の識別を行うというもの。

音響特性の測定イメージ

音響特性から個人の識別に有効な特徴量を抽出する独自技術により、少ない計算量での動作と反響音に含まれる外的環境の影響の排除を実現し、安定して高速かつ高精度な認証(99%以上)を可能にしたという。

個人によって耳穴の音響特性は異なる

同社は本技術の高い認証精度や、移動/作業をしながらでも個人認証が可能な点をアピール。重要インフラ施設の保守/管理や警備などでのなりすまし防止、無線通信/通話における内容の秘密保持、医療現場など移動/作業中の認証、さらに特定の人物向け/場面での音声ガイドサービスなどへの応用を考えており、2018年度中の実用化を目標としている。

【問い合わせ先】
NEC 研究企画本部 プロモーショングループ
https://contact.nec.com/http-jpn.nec.com_tb_142rd_4b126d/?fid=4b126d
  • トピック
  • NEC

関連記事