個人向け商品ブランドを「LaVie」に統一

NEC、4K IGZOやYAMAHAスピーカー搭載機など'15年PC春モデル

ファイル・ウェブ編集部
2015年01月20日
NECパーソナルコンピュータは、2015年春モデルパソコンのラインアップ6タイプ41モデルを発表した。1月22日より順次発売する。

NECパーソナルコンピュータは、2015年春モデルより全てのハード、主要な搭載アプリなどの個人向け商品のブランドを「LaVie」に統一する。今年誕生から20年目を迎えるLaVieは、誕生当時のコンセプト「生活のそばにいつもあるパソコン」という理念を継承しながら、誰にでも使いやすい先進テクノロジーにより、感動のある毎日「Digital Dramatic Days」を実現するためのトータルブランドに再定義するとのこと。

2015年春モデルパソコンのラインアップと各製品の詳細は以下のとおり。

LaVie Hybrid Frista 1月22日発売
「HF750/AAB」「HF350/AAシリーズ」「HF150/AAシリーズ」

HF750/AAB

フリースタイルで使う場所を選ばず、より自由な使い方を提案

フリースタイルで使う場所を選ばず、より自由な使い方を提案する15.6型PC。奥行き16センチのスリムなデザインと3つの変形モードにより、タッチ情報端末として家庭内のさまざまな場所での利用を可能とする。具体的には、フォトスタンドのようなスタンドモード、水平に画面を寝かせたフラットモード、収納式のワイヤレスキーボードを取り出して通常のPCとして使うキーボードモードの3つのモードを提供する。

LaVie Hybrid ZERO 2月5日発売
「HZ750/AAB」「HZ650/AAシリーズ」「HZ550/AAB」

HZ750/AAB

自社調べで世界最軽量の13.3型ワイド液晶コンバーチブルノートPC。質量は、「HZ550/AAB」が約779g、「HZ750/AAB」および「HZ650/AAシリーズ」が約926g。

LaVie Hybrid Advance 2月5日発売
「HA850/AAS」「HA750/AAS」

HA850/AAS

マルチにスタイルを変えることが可能

15.6型ワイド画面が360度回転し、タブレットのようにも使えるマルチモード対応ノートPC。タブレットモードだけでなく、卓上で動画を観る際に便利な“テント”モード、画面を手前にしてタッチ操作をスムースにする“スタンド”モード、180度に画面を倒して複数人で画面を見たり操作したりしながら会話ができる“フラット”モードなど、シーンに合わせてマルチにスタイルを変えることが可能。

LaVie Note Standard 1月22日発売
「NS850」「NS750」「NS700」「NS550」「NS350」「NS150」「NS100」

NS850/AAB

NS750/AAR

「NS850/AAB」「NS750/AAシリーズ」は、YAMAHAサウンドシステムを搭載。高画質液晶として、「NS850/AAB」には4K IGZO液晶、「NS750/AAシリーズ」にはスーパーシャインビューLED-EX2液晶を採用。「NS850/AAB」はNFCに対応している。

LaVie Desk All-in-One 1月22日発売
「DA970/AAB」「DA770/AAシリーズ」

DA970/AAB

テレビ機能を持ったデスクトップPC。旧モデルより本体幅を縮小したにも関わらず、画面サイズは23型ワイドから23.8型ワイドへ拡大。

LaVie Desk Tower 2月5日発売
「DT750/AAW」「DT150/AAW」

DT750/AAW

分離型のデスクトップPC。従来の「VALUESTAR L」の後継モデル。

【問い合わせ先】
NEC 121コンタクトセンター
TEL/0120-977-121

関連記事