2016年は再びブレークスルーを目指す

<CES>MONSTER、Bluetoothスピーカー&ヘッドホン新製品を多数発表。著名人コラボも強化

編集部:小澤貴信
2016年01月06日
2016 International CESの開幕に先立ち、現地時間5日には出展各社のプレスカンファレンスが開催された。MONSTERは、ヘッドホンやBluetoothスピーカーの新製品を多数発表した。

発表会では例年通りノエル・リー社長自らがプレゼンテーションを展開。2016年は「MONSTER 2.0」を掲げ、「ワイヤレスヘッドホンやポータブルスピーカーなど、現時点でキーとなる領域において新たなブレークスルーを目指す」と意気込みを述べた。

ノエル・リー氏

MONSTER 2.0を宣言

ポータブルBluetoothスピーカー“SUPERSTAR”シリーズには2つの新製品を追加。ひとつ目は、手のひらに収まるほどコンパクトなサイズの「HOTSHOT」で、NFCによるペアリングにも対応。「パンチのあるパワフルな音が特徴」とのことだった。

「HOTSHOT」

ふたつ目は、大型ポータブルBluetoothスピーカー「BRASTER」で、ラッパーたちがストリートで鳴らしたBoom Boxと呼ばれるクラシカルな大型ラジカセを強く意識したという。本体底面に大型サブウーファーを備え、ヒップホップ特有の“Bigな”重低音再生が可能だという。NFCペアリングにも対応し、室内/屋外によってサウンドモードを切り替えることができる。

「BRASTER」

ヘッドホンでは、価格を抑えながらサウンドと快適な装着感を追求したという「CLARITY HD」シリーズを発表。通常タイプのイヤホン、Bluetoothイヤホン、Bluetoothヘッドホンの3モデルをラインナップする。

「CLARITY HD」シリーズ

ゲーミングヘッドホン「FXM 200」は、着脱可能なノイズキャンセリング・マイクを搭載。ゲームプレイで重要となるピンポイントの正確な表現を可能とするために、カスタムタイプのドライバーを搭載している。

「FXM 200」

リー社長はライフスタイル、カルチャー、ファッションとのコラボレーションをさらに強化していくと宣言。その一貫として多数のミュージシャンやスポーツ選手とのコラボを実施していくとのこと。会場でもパートナーシップを結んだ著名人が多数紹介された。

スポーツ選手やミュージシャンとのコラボはさらに強化していくとのころ

また、日本ではすでに発表済みであるクリスティアーノ・ロナウドとのコラボヘッドホン「ROC BY MONSTER」について、北米でも展開を開始することがアナウンスされた。

「ROC BY MONSTER」

C・ロナウドからのメッセージも

関連記事